村田五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の官僚
村田 五郎
生年月日 (1899-04-11) 1899年4月11日
出生地 日本の旗 日本愛知県
没年月日 (1982-03-24) 1982年3月24日(82歳没)
出身校 東京帝国大学
称号 正四位
配偶者 豊子

群馬県の旗 官選第34代群馬県知事
在任期間 1941年10月20日 - 1943年3月31日

日本の旗 情報局次長
在任期間 1943年4月22日 - 1944年7月
テンプレートを表示

村田 五郎(むらた ごろう、1899年明治32年)4月11日 - 1982年昭和57年)3月24日)は、日本の内務官僚。官選群馬県知事情報局次長。

経歴[編集]

愛知県出身。実業家・村田義教の長男として生まれる。台北中学第八高等学校を経て、1923年3月、東京帝国大学法学部政治学科を卒業。1922年11月、高等試験行政科試験に合格。1923年5月、内務省に入り富山県警部として警察部警務課に配属された。

以後、富山県氷見郡長、東京府内務部農林課長、同学務部社会課長、同知事官房主事兼秘書兼文書課長、東京府工業組合監督官、大分県書記官警察部長、警視庁衛生部長、同庁官房主事、厚生省体力局体育課長、内務秘書官警保局外事課長、福岡県総務部長、内務省地方局振興課長、兼平沼騏一郎国務大臣秘書官、内務事務官・警保局保安課長などを歴任。

1941年10月、群馬県知事に就任。1943年4月、情報局次長に転じ、1944年7月まで在任し退官。

戦後、1946年9月から1951年10月まで公職追放となった。1966年7月に自民党政治資金団体国民政治協会会長に就任。

栄典[編集]

親族[編集]

伝記・文献[編集]

  • 村田光義『海鳴り - 内務官僚村田五郎と昭和の群像』上・下巻、芦書房、2011年。
  • 内政史研究会『内政史研究資料 第139 - 145集』村田五郎氏談話速記録、1981 - 1983年。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5299号「叙任及辞令」1944年9月11日。
  2. ^ 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年、69頁。人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年、ム29頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。