石坂昌孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

石阪 昌孝(いしざか まさたか、1841年6月11日天保12年4月22日〉 - 1907年明治40年〉1月13日[1])は、日本幕末から明治期の名主政治家。神奈川県会議員、神奈川県会議長(初代)、群馬県知事(官選第5代)、衆議院議員(4期)。幼名・高之助[1]

経歴[編集]

民権の森(町田市野津田町)にある石阪昌孝の墓

武蔵国多摩郡野津田村(現在の町田市域)で豪農・石阪吉恩の三男として生まれ[2]、母の実家、名主・石阪昌吉の養子となる[1][3]安政4年10月1857年11月)、家督を相続し、又次郎を襲名[1]

明治維新後、明治5年1月1872年2月)、第三十戸籍区戸長となり、第八区区長、神奈川県権少属を歴任。1879年2月に神奈川県会議員となる。1880年7月、東京生糸商会を設立した[1]

自由民権運動に加わり、1881年11月、政治結社「融貫社」を結成し、青年を育成した。1882年7月、自由党に入党した[1][3]

1890年7月、第1回衆議院議員総選挙に神奈川県第三区から出馬し当選[4]。以後、第4回総選挙まで連続4回の当選を果たした[5]

1896年8月、群馬県知事に就任。同年9月、渡良瀬川の大洪水が足尾鉱毒事件の端緒となった[3]1897年4月、知事を非職となる[6]

官歴等[編集]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『日本近現代人物履歴事典』42頁。
  2. ^ 上田正昭ほか監修 著、三省堂編修所 編 『コンサイス日本人名事典 第5版』三省堂、2009年、99頁。 
  3. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』285頁。
  4. ^ a b 衆議院議員総選挙一覧 明治45年2月』衆議院事務局、1912年、8頁。 
  5. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』61頁。
  6. ^ 『官報』第4126号、明治30年4月8日、p.246
  7. ^ a b c 篠田正作 1891
  8. ^ 1893年に南多摩郡域は神奈川県から東京府に移管された
  9. ^ 衆議院議員総選挙一覧 明治45年2月』衆議院事務局、1912年、3頁。 
  10. ^ 衆議院議員総選挙一覧 明治45年2月』衆議院事務局、1912年、66頁。 
  11. ^ 『官報』第3972号「叙任及辞令」1896年9月23日。

参考資料[編集]

  • 篠田正作 編 『明治新立志編』鍾美堂、1891年、97-98頁。 
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。