井上高格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井上 高格
いのうえ たかのり
生年月日 (1831-07-19) 1831年7月19日
出生地 徳島県徳島市
没年月日 (1893-04-24) 1893年4月24日(61歳没)

選挙区 徳島県第1区
当選回数 1回
在任期間 1990年 - 1991年

在任期間 1871年 - 1873年

Flag of Tokushima, Tokushima.svg 初代 徳島市長
在任期間 1889年11月11日 - 1890年6月3日
テンプレートを表示

井上 高格(いのうえ たかのり[1]/こうかく、1831年7月19日天保2年6月11日) - 1893年明治26年)4月24日)は、日本政治家。初代徳島市長徳島藩士。阿波国徳島(現・徳島県徳島市大岡本町・渭北地区)出身。玄孫は歌手の井上真紀

経歴[編集]

1831年に徳島藩士である井上高超の嫡子として生まれる。その後、家督を相続、徳島藩の目付を務める。そのすぐ後に京都にて長州藩士らと交わり、尊王攘夷運動に参加。徳島に戻り、14代藩主である蜂須賀茂韶の下で力を発揮する[2]

1871年に徳島県の大参事に抜擢。1874年に後の徳島市長である一坂俊太郎らと共に自由民権運動を訴える「自助社」を結成し代表となる。

1889年に初代徳島市長に就任。1890年の第1回衆議院議員総選挙で当選するが、翌年の第2回衆議院議員総選挙では落選。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年(平成2年)12月。
  2. ^ NIEのひろば・阿波の先人たち


公職
先代:
-
Flag of Tokushima, Tokushima.svg 徳島市長
初代:1889 - 1890
次代:
坂部広織