渭北地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 四国地方 > 徳島県 > 徳島市 > 渭北地区
渭北地区
いほく
日章旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 徳島県
自治体 徳島市
面積
3.63km²
世帯数
6,974世帯
総人口
15,025
住民基本台帳、2010年10月1日現在)
人口密度
4,139.12人/km²
隣接地区 渭東地区
加茂地区
内町地区
川内地区応神地区
徳島市役所渭北支所
徳島市役所渭北支所
北緯34度4分51.93秒 東経134度33分14.11秒 / 北緯34.0810917度 東経134.5539194度 / 34.0810917; 134.5539194座標: 北緯34度4分51.93秒 東経134度33分14.11秒 / 北緯34.0810917度 東経134.5539194度 / 34.0810917; 134.5539194
所在地 〒770-0024
徳島県徳島市北前川町2丁目7番地の3
渭北地区の位置(徳島県内)
渭北地区
渭北地区
テンプレートを表示

渭北地区(いほくちく)は、徳島県徳島市の中心部より北部に位置する地区のひとつ。

地域[編集]

室町時代から徳島市の城山周辺を「渭津」(いつ)、城山を「渭山」(いのやま)、徳島城を「渭山城」(いのやまじょう)と呼んでいた。渭北という地名は、渭津の北側にあることに由来する。

徳島藩主蜂須賀家墓所で知られる興源寺新四国曼荼羅霊場77番札所・萬福寺等の歴史的観光地がある。近年は田宮街道の拡張に伴い、ヤマダ電機や高層マンション(サーパスなど)が出来ており、都市化が進んでいる。

属している地域

自然[編集]

河川[編集]

地区内には一級河川である吉野川の支流が入り乱れるように流れており、渭東地区と共に河川の多い地域として有名である。

河川 備考
吉野川 一級河川。地区内を流れる河川はすべて吉野川水系。
新町川 徳島市の中心部を流れる河川で、水際にある公園では色々な祭典や行事が行われている。
助任川 新町川の支流。
大岡川 助任川の支流。
興源寺川 大岡川の支流。興源寺にある池が水源。</mall>

画像[編集]

教育機関[編集]

学校名 住所 画像
徳島大学(常三島キャンパス) 徳島市南常三島町1丁目1番地/2丁目1番地 The University of Tokushima.jpg
香蘭高等学校 徳島市北前川町2丁目8番地 Koran High school.jpg
鳴門教育大学附属中学校 徳島市中吉野町1丁目31番地 NarutoUniversity Attached High School.jpg
徳島市徳島中学校 徳島市中前川町3丁目16番地 Tokushima Junior High School.jpg
鳴門教育大学附属小学校 徳島市南前川町1丁目1番地1 NarutoUniversity Attached Elementary School.jpg
徳島市助任小学校 徳島市下助任町1丁目1番地 助任小学校.jpg
鳴門教育大学附属幼稚園 徳島市南前川町2丁目11番地1 NarutoUniversity of Education Attached Kindergarten.jpg
徳島市助任幼稚園 徳島市北前川町2丁目10番地 Tokushima City Suketo kindergarten.jpg
鳴門教育大学附属特別支援学校 徳島市上吉野町2丁目1番地 NarutoUniversity Attached Special School.jpg

本社がある企業[編集]

交通[編集]

道路[編集]

国道
都道府県道
起点は東吉野町。吉野川と鮎喰川の堤防沿えを走る県道で、「堤防の上」と呼ばれることもある。
田宮街道の愛称でも知られており、地区内の道路沿えにはヤマダ電機やミリオン中吉野店(中四国最大級のパチンコ店)等が存在する。
吉野川に架かる吉野川橋を通り、渭北地区の中心を走っている。県道15号線、県道30号線、国道11号と接続。
起点は東吉野町。吉野川の河川に沿って東に走っている。

公共施設・名所・旧跡・観光スポット[編集]

徳島藩主である蜂須賀氏の墓所として有名。蜂須賀正勝蜂須賀家政など。徳島藩主蜂須賀家墓所のうちのひとつ。寺院内には興源寺川が流れている。
新四国曼荼羅霊場77番、阿波秩父観音霊場29番札所。徳島七福神霊場弁財天
徳島七福神霊場・布袋尊
境内には渭北福祉会館(徳島市地域福祉助成施設)、御頭大明神、徳島市指定保存樹木指定番号第41号(フジマキクスノキ)がある。
興源寺一帯に広がる墓地公園1985年昭和60年)に徳島市によって整備された。
美しい日本の歩きたくなるみち500選」に選定されている徳島中央公園内の緑地。助任川水際に位置する。
小説家・瀬戸内寂聴が館長を務める文学館で2002年に開館。徳島ゆかりの文学者書家による文学・書道の作品が展示されている。
毎年7月下旬に吉野川橋の下にある広場で催されている花火大会。過去にBEGINSAM等が参加している。
新町川助任川等の河川の中洲であるひょうたん島をめぐる日本で唯一無料の遊覧船。地区内では助任川に架かる三ツ合橋前川橋西の丸橋助任橋助任新橋を通過する。
徳島市の病院で、2008年に新病棟(第1期)が開院。2010年に新病棟(第2期)が開院予定である。
徳島健康生協が管理している病院。

画像[編集]

出身者[編集]

外部リンク[編集]