南田宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 徳島県 > 徳島市 > 南田宮
南田宮
田宮運動公園の桜
田宮運動公園の桜
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Tokushima Prefecture.svg徳島県
市町村 Flag of Tokushima, Tokushima.svg徳島市
地区 加茂地区
人口
2009年(平成21年)12月
 • 合計 2,573人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
770-0004
煙硝蔵橋から見た田宮川、右が南田宮、左が北佐古

南田宮(みなみたみや)は、徳島県徳島市町名。現行行政地名は南田宮一丁目から四丁目まで。郵便番号は〒770-0004。徳島市の調査による2009年12月現在の人口は2,573人、世帯数は1,129世帯。

地理[編集]

徳島市及び市街地の北部に位置し、加茂地区に属している。北境を徳島県道30号徳島鴨島線(通称:田宮街道)が通り、東は新町川が南流している。

田宮街道の拡張工事が開始され、それに伴い商業地化が進んだ。また南田宮は徳島駅佐古駅といった市内中心部の駅に近い為、マンションやアパートが多く立ち並び、都市化が進んでいる。

南田宮の田宮運動公園内にある徳島市陸上競技場は徳島市唯一の陸上競技施設で、市内の小中高等学校の部活動などで使用されている為、非常に多くの学生が利用している。

河川[編集]

歴史[編集]

明治時代の田宮はの粗製が盛んであり、明治7年には阿波藍の粗製工場が設置された。しかし金銭的にも藍の事業を進めるのが苦悩になっていった為、明治10年を最盛期として事業は中止された。明治30年には長井長義の精製藍研究室が南田宮に設置された。また阿波藩煙硝蔵跡が現在の南田宮2丁目にあり、その近くを流れている田宮川に架かっている「煙硝蔵橋」の由来となっている。

昭和8年には渭北地区の中前川町と内町地区の北出来島町を結んだ三ツ合橋が架設され、周辺地域と田宮の交通が非常に便利になった。また昭和57年の田宮街道開通に伴い、多くの商業施設がオープンした。現在では田宮街道の拡張工事が行われ、多くの商業施設や飲食店が鬩ぎあっている。

南田宮にある田宮運動公園には昭和51年に徳島市で唯一の陸上競技場である徳島市陸上競技場を設置し、市内の陸上大会などがここで行われるようになった。また同公園内には昭和54年に設置された徳島市田宮公園プールがあり、毎年夏になると多くの親子連れや学生で賑わう。

元は田宮町・矢三町・中吉野町の各一部で、昭和43年に現在の町名となった。名前の由来は、田の中の宮の意で、宮は現在の天神社とされている(加茂町史)。

葬祭場問題[編集]

平成17年には南田宮の葬祭場問題が発生した。当初はベルモニーとベルベの2つの葬祭場ができる予定であったが、反対運動の中ベルモニーが撤退した為、現在ではベルベと住民が対立している。この葬祭場問題がきっかけで、それまで町内会のなかった南田宮に町内会が設立された。また南田宮(主に1丁目~2丁目)では葬祭場を反対する旗や看板が多く設置されており、反対運動の宣伝カーも街中を通っている。

2006年には葬祭場建設の反対票が13,000票を超えた為、ベルモニーが葬祭場建設から退いた。しかし、ベルベは既に建設中であり、住民は反対運動を続けている。また京都の葬祭場問題と時期が重なった為、全国ニュースでメディアにも取り上げられた。

施設[編集]

徳島市陸上競技場
エンターテインメントガーデン アソビバ!
あらたえの湯

公園[編集]

教育機関[編集]

その他[編集]

交通[編集]

道路[編集]

都道府県道

路線バス[編集]

徳島バス
  • 南田宮三丁目
  • 三ツ合橋西
  • 田宮運動公園口
  • 田宮二丁目(変電所前)
  • 田宮三丁目
  • 田宮四丁目
  • 城北高校前

参考文献[編集]

外部リンク[編集]