アイ (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイ
2016 1010 1119 dsc07615.jpg
アイ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: タデ目 Polygonales
: タデ科 Polygonaceae
: イヌタデ属 Persicaria
: アイ P. tinctoria
学名
Persicaria tinctoria (Aiton) Spach[1]
シノニム

Polygonum tinctoria[2]

和名
アイ、タデアイ、アイタデ[1]
英名
indigo plant

アイ(あゐ、学名Persicaria tinctoria)は、タデ科イヌタデ属一年生植物[1]。別名は、タデアイ(蓼藍)、アイタデ(藍蓼)。紀元前より世界各地で青色の染料として重用されていたが、化学合成したインディゴ染料が発明されて以降は合成インディゴが工業的にはよく用いられているため、染料用途で用いられることはあまりなくなった[3]

特徴[編集]

外形はイヌタデによく似ているが、アイは葉を傷つけると傷口が藍色になる。は高さ60-90cmになり[3]、よく枝分かれする。は幅の広い披針形(竹の葉のような先端が尖り基部のやや広い形)をしている。一年生植物であり、原産地は東南アジア[4]。葉は藍色色素の原料となる他、乾燥させて、解熱、殺菌の漢方薬としても用いられる。

利用[編集]

染料[編集]

藍染めに利用される。

藍染めは奈良時代から続く歴史があり、藍による染色を愛好する人もいる。海外では“Japan Blue”と呼ばれることもある(広重や北斎などの浮世絵の藍色をさして同様に“Japan Blue”あるいは“Hiroshige Blue”と言うこともあるが、これは正確には藍ではなくベロ藍(紺青)である)[要出典]。染色には生葉染め、乾燥葉染め、すくも染めがある。生葉染めには、最も古い方法である布に生葉をそのまま叩きつけて染める叩き染めか、すり潰した汁で染める方法があるが、濃く染まらない、葉が新鮮なうちでなければ染色できない(水溶性のインディカンが不溶性のインディゴに変化[5]して利用できなくなるため)といった欠点がある。

乾燥葉染めは、アイ葉を乾燥させたものを用いる方法。そのままでは色素繊維に沈着しないので、還元反応を行って色素の沈着ができるようにしなければならない。生葉に比べて無駄なく染色でき、時期もあまり選ばない。

すくも染めは、乾燥したアイ葉を室のなかで数ヶ月かけて醗酵させてすくもを造り、更にそれを搗き固めて藍玉を作り、これを利用する方法である。生産に高度な技術と手間を必要とするため、現在では徳島以外で日本産のすくもを見ることはほぼない。染色には、藍玉(すくも)を水甕で醗酵させてから行う(醗酵すると水面にできる藍色の泡を「藍の華」と呼び、これが染色可能な合図になる)ので、夏の暑い時期が最適である。すくもの利点は、いつでも醗酵させて染色できること、染料の保存が楽なこと、木綿にも濃く染められることなどが挙げられる。

藍染は、徳島平野で行われるものが有名である。

日本に存在するアイの品種は、小上粉(こじょうこ)(赤花、白花があり、最も栽培されている)、小千本(こせんぼん)(青茎、赤茎があり、株が真っ直ぐに育つ)、百貫(ひゃっかん)(大量に収穫できる事からの名だが、品質は劣ると言われる)などがある。

藍染した布は、抗菌性、消臭性に優れており、虫食いを受けにくく高い保存性を有している[6]。また、藍染した和紙である紺紙はその色合いの美しさのみならず防虫も目的として写経などに利用されており[7]、平安時代末に書かれた国宝の「紺紙金銀字交書一切経」は紺紙の保存性により朽ちることなく現存している[6]。ただし、紺紙の防虫性はアイの成分に由来しているのではなく、何度も水洗いし表面を貝殻で擦り平滑化するという特殊な製紙法に起因しているとも考えられている[7]

その他[編集]

アイの葉は古来より薬用植物として解熱、解毒や抗炎症薬等に用いられており[6][8]、江戸時代にはクモやヘビなどの毒を持つ生き物に咬まれた傷の治療に用いられていた記録が残っている[7]。近年の研究では抗ガン作用を持つトリプタンスリンや抗菌活性を持つケンペロールなどの複数の生理活性物質がアイから単離されており、またアイの葉にはフラボノール配糖体が豊富に含まれることから、コレステロールを低減させる効果についても研究されている[8]。その他、アイの葉を刺身のツマに使ったり、と混ぜてアユの臭み取りに使うなど、食用に用いている地域もある[8]

歴史[編集]

日本には6世紀頃中国から伝わり、藍色の染料を採る為に広く栽培された。特に江戸時代阿波で発達し、19世紀初めには藍玉の年産額15万-20万俵を誇った。しかし、明治時代に入ると藍玉がインドから輸入され作付が激減し、またドイツで人工藍の工業化が成功して1904年ごろから盛んに輸入されるようになり、現在ではほとんど栽培されなくなった。

ことわざ[編集]

  • 「青は藍より出て藍より青し」 - 染料の藍は黒や茶の様な色があり、青みがあまり無い。しかし染め出すと非常に美しい青に染まる。と言うことから、親(師匠)よりも優れる事を言う。出藍の誉れとも。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - アイ(2014年12月23日閲覧)
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - アイsynonym(2011年11月4日閲覧)
  3. ^ a b 矢部章彦 『化学大辞典』1、化学大辞典編集委員会(編)、共立、1981年10月、縮刷版第26版、1-2頁。
  4. ^ 世界有用植物事典. Hotta, Mitsuru., 堀田満.. Tōkyō: Heibonsha. (2002). ISBN 4582910599. OCLC 166931186. https://www.worldcat.org/oclc/166931186. 
  5. ^ 大下浩司、豊田健太朗 (2013年3月). “藍染の染色挙動に関する理論的考察 (PDF)”. 文化財情報学研究 : 吉備国際大学文化財総合研究センター紀要. 吉備国際大学文化財総合研究センター. 2017年11月26日閲覧。
  6. ^ a b c 佐々木健郎「蓼藍の成分と機能性について ─機能性を併せ持つ染料の科学─」、『東北薬科大学研究誌』第62巻、東北医科薬科大学、2015年12月、 25-37頁。
  7. ^ a b c 田中誠「植物を用いた江戸時代の書籍害虫防除法」、『家屋害虫』第13巻第2号、日本家屋害虫学会、1991年12月、 86-90頁。
  8. ^ a b c 横田一成、木村英人、徳山翔太「タデアイ(藍)葉の新規フラボノイドの同定と コレステロール生合成阻害作用」、『特産種苗』第21巻、公益財団法人 日本特産農作物種苗協会、2015年11月、 103-107頁。

関連項目[編集]