インディカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
インディカン
識別情報
CAS登録番号 1328-73-0
PubChem 441564
特性
化学式 C14H17NO6
モル質量 295.29 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

インディカン (indican) は、無色の有機化合物で、によく溶け、天然ではアイに見出される。インディゴ前駆体である。インジカンとも表記される[1]

インディカンは、β-D-グルコースインドキシル脱水縮合してできた配糖体である。インドキシルは穏やかな酸化剤空気中の酸素によってインディゴ染料を生ずる。この反応は、トリプトファン代謝の異常である青いおむつ症候群(Blue diaper syndrome)で見られる。トリプトファンは最初にインドールに変換され、消化管バクテリアによってインディカンになる。インディカンは尿によって排出され、それが空気と反応しておむつが青く染色されたのである。

インドキシル硫酸も慣用名はインディカンである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大下浩司、豊田健太朗 (2013年3月). “藍染の染色挙動に関する理論的考察 (PDF)”. 文化財情報学研究 : 吉備国際大学文化財総合研究センター紀要. 吉備国際大学文化財総合研究センター. 2017年11月26日閲覧。

関連項目[編集]