イヌタデ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イヌタデ属
Persicaria amphibia flower.JPG
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: タデ科 Polygonaceae
: Persicarieae
: イヌタデ属 Persicaria
学名
Persicaria (L.) Mill.[1][2]
英名
Smartweed[1]
  • サナエタデ節 sect. Persicaria
  • タニソバ節 sect. Cephalophilon
  • ミズヒキ節 sect. Tovara
  • sect. Echinocaulon

イヌタデ属(いぬたでぞく、Persicaria)は、ナデシコ目タデ科の1属である。

かつてイヌタデ属などはタデ属 (Polygonum s.l.) にまとめられていたが、Hedberg (1946) や続く研究者により、約8属に分割された[3][4][2]。なおこの分割により、小さくなった Polygonum (s.s.) は和名をミチヤナギ属と変える。

分布[編集]

ほぼ全世界に生息する[1]

特徴[編集]

花序は穂状または頭状。サナエタデ節とミズヒキ節は穂状、タニソバ節と sect. Echinocaulon は頭状である[5]

系統と分類[編集]

イヌタデ属はいくつかの節に分かれる。標準的な説では、sect. Persicariaタデ), Tovara, Echinocaulon, Cephalophilon の4節からなる[3][4][2]

主要な4節と、近縁属を加えた系統関係は次のとおり[3][4]

Persicarieae



チシマミチヤナギ属 Koenigia



オンタデ属 Aconogonon




イブキトラノオ属 Bistorta



イヌタデ属

タニソバ節 sect. Cephalophilon





ミズヒキ節 sect. Tovara



sect. Echinocaulon




サナエタデ節 sect. Persicaria





これに小規模な節を追加する説もある。しばしば sect. Rubrivena を加え5節とされた[1]が、分子系統は否定的で[2]、その節の種はオンタデ属内に位置する[4]。一方、分子系統により、それぞれ1種からなる2節 sect. Amphibia, Truelloides をサナエタデ節から分離する説が現れた[5]が、少なくとも sect. Amphibia はサナエタデ節内に位置するようである[4]

主な種[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Persicaria Miller sect. Persicaria Flora of North America.
  2. ^ a b c d Li, Bo (2004), “Reinstatement of Persicaria sinica Migo (Polygonaceae, Persicarieae)”, Phytotaxa 161 (2): 148–156, doi:10.11646/phytotaxa.161.2.6 
  3. ^ a b c Kim, Sang-Tae; Donoghue, Michael J. (2008), “Molecular phylogeny of Persicaria (Persicarieae, Polygonaceae)”, Systematic Botany 33 (1): 77-86 
  4. ^ a b c d e Fan, Deng-Mei; Chen, Jia-Hui; et al. (2013), “Molecular phylogeny of Koenigia L. (Polygonaceae: Persicarieae): Implications for classification, character evolution and biogeography”, Molecular Phylogenetics and Evolution 69: 1093–1100, http://210.72.14.139:8080/bitstream/131C11/2691/1/V.69%201093-1100%202013.pdf 
  5. ^ a b c d e f Galasso, G.; Banfi, E.; et al. (2009), “Molecular phylogeny of Polygonum L. s.l. (Polygonoideae, Polygonaceae), focusing on European taxa: preliminary results and systematic considerations based on rbcL plastidial sequence data”, Atti della Società Italiana di Scienze Naturali e del Museo Civico di Storia Naturale di Milano 150: 113–148, http://www.researchgate.net/profile/Gabriele_Galasso/publication/257029473_Molecular_phylogeny_of_Polygonum_L._s.l._%28Polygonoideae_Polygonaceae%29_focusing_on_European_taxa_preliminary_results_and_systematic_considerations_based_on_rbcL_plastidial_sequence_data/file/60b7d5243dcbdf2e06.pdf