ヤナギタデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤナギタデ
Persicaria hydropiper
Persicaria hydropiper
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: タデ科 Polygonaceae
亜科 : Polygonoideae
: Persicarieae
亜連 : Persicariinae
: イヌタデ属 Persicaria
: ヤナギタデ P. hydropiper
学名
Persicaria hydropiper
(L.) Delarbre[1]
シノニム
  • Polygonum hydropiper L.[2]
和名
ヤナギタデ(柳蓼)
マタデ(真蓼)
ホンタデ(本蓼)
英名
marshpepper knotweed
Pepper leaf
変種品種[3]
  • ザラツキヤナギタデ P. h. var. scabrida
  • アザブタデ P. h. f. angustissima
  • ムラサキタデ P. h. f. purpurascens
  • サツマタデ P. h. f. viridis

ヤナギタデ(柳蓼、学名: Persicaria hydropiper)は、タデ科イヌタデ属[4]一年草[5]水辺などに生える雑草和名は、ヤナギに似ていることから[5]マタデホンタデともいう[5]

形態・生態[編集]

水辺によく生育する在来種である。前年に落ちた種子から春に発芽する一年草だが、水中では多年草となることもある。茎は高さ30~60cmでよく分枝し、無毛である。は長さ5~10cmで短い柄を持ち、辛味がある。はわずかに紅色を帯びた白色[5]で花期は8月〜9月、花序は下向きに垂れる。種子は暗褐色で2.5~3.5mmの卵形をしている。晩秋に紅葉する。

近縁種にヤナギヌカボがあるが、ヤナギヌカボのほうは葉が細く両面に短毛があり辛味もない[6]。よく似たボントクタデの葉にも辛味がない。

分布[編集]

日本全土[5]

人間との関わり[編集]

食う虫も好きずき」の語源である辛味のある葉が、薬味として利用される。刺し身つまにしたりする[5]ほか、すり潰してに混ぜることでアユ等の魚の塩焼きに使用する蓼酢となる。

有効成分[編集]

この植物には精油(0.5%)が含まれており、モノテルペンセスキテルペン: α-ピネンβ-ピネン1,4-シネオールフェンコンα-フムレン英語版β-カリオフィレン英語版trans-β-bergamoteneなどで成り立っている[要出典]カルボン酸ケイ皮吉草カプロン酸)などのエステルも見つかっている[要出典]。この組織成分は、遺伝子によるものが強い[要出典]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Persicaria hydropiper (L.) Delarbre” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2018年12月4日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Polygonum hydropiper L.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2018年12月4日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “YList 植物和名-学名インデックス:簡易検索結果”. YList 植物和名-学名インデックス. 琉球大学. 2018年12月4日閲覧。
  4. ^ 大場秀章編著 『植物分類表』アボック社、2009年、95頁。ISBN 978-4-900358-61-4 
  5. ^ a b c d e f 平野隆久写真 『野に咲く花 : 写真検索』林弥栄監修、門田裕一改訂版監修(増補改訂新版)、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、265頁。ISBN 978-4-635-07019-5 
  6. ^ ふくいミュージアムNo.18”. 福井県立歴史博物館. p. 5. 2022年4月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]