水辺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水辺(みずべ)とは、水面に近接したの周辺をさす。河川湖沼湿原海浜の水辺などがある。なお、海浜は水辺と呼ぶよりも海辺か海岸と呼ぶ場合が多い。

水辺には砂浜、岩場、干潟藻場、葦原、マングローブ林、塩性湿地汽水域など多様な環境が含まる。近年では水生生物や鳥類などの生息域としての水辺地帯はエコトーンと呼ばれ、積極的に自然環境を保護・保存し、ビオトープのように人工的に回復・復元されるようになっている[1]

独特の生物が色々いる上、多くの場合、陸上動物は水辺に水を呑みに来るので、絶好の観察ポイントである。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NPO大阪湾研究センター海域環境研究委員会編 『海の科学』 日刊工業新聞社 2008年3月30日初版第1刷発行 ISBN 9784526060236

関連項目[編集]