寺島本町西

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 四国地方 > 徳島県 > 徳島市 > 寺島本町西
寺島本町西
そごう徳島店
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Tokushima Prefecture.svg徳島県
市町村 Flag of Tokushima, Tokushima.svg徳島市
地区 内町地区
人口
2010年(平成22年)1月
 • 合計 153人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
770-0831
徳島駅クレメントプラザ。およそ中央の「JR徳島駅」の表示より西(左)が寺島本町西。

寺島本町西(てらしまほんちょうにし)は、徳島県徳島市町名。内町地区に属している。寺島本町西一丁目と寺島本町西二丁目が置かれて、東から寺島本町西一丁目、寺島本町西二丁目の順に並んでいる。郵便番号は〒770-0831。

徳島市の調査による2010年1月人口は153人、世帯数は78世帯。

地理[編集]

徳島市の中心街に位置し、JR徳島駅駅前西半分を占める。東半分は寺島本町東である。

中央を県道30号が南北にとおり、その西が寺島本町西二丁目、東が寺島本町西一丁目である。

寺島本町西一丁目は北東部に徳島駅があり、徳島駅前広場から駅西口までのポッポ街商店街は、通勤や通学者の通路ともなる商店街で、若者の町として人気がある。国鉄四国総局やホテル・旅館・病院・会社社屋などが立ち並び交通量が多い。徳島駅前再開発事業により、そごう徳島店が開業して以来、買物客が集中している。

一方、県道を越えた寺島本町西二丁目は、オフィスや教育機関が多い。

歴史[編集]

江戸時代には徳島城との間を寺島川が流れ、寺島本町東と共に家老中老の屋敷が並ぶ武家地だった。ここを東西に貫く本丁筋(現在の「ありの道」)が本通りだった。本丁筋の西端は、寺島川を越える出来島橋で出来島に通じていた。

明治には寺島町の一部で、小字では本丁筋を境として北側が寺島本町北の西半分、南側が藍場町の北部だった。

1903年内町小学校が、現在の寺島本町西・藍場町にかけて(ただし当時は全域が藍場町)に移転し、1978年までここにあった。

1899年、現在の寺島本町西・東にかけて徳島駅が開設し、徳島市の表玄関となった。

1902年から1937年まで、ケンタッキー州長老派宣教師チャールズ・ローガンが、現在のポッポ街中ほどに住み活動した。そのためこの付近を南北に通る(現在のポッポ街と直交する)小路がローガン小路と呼ばれた。ローガン小路は本丁筋から花畑踏切(現在の県道30号高徳線踏切)に通じており、線路の向こう側の西ノ丸運動場(現 内町小学校)に向かう道として人通りが多かった。

1941年に寺島本町西となった。1975年地番整理により寺島本町西一丁目および寺島本町西二丁目となった。

1983年10月1日、寺島本町西・元町にかけて徳島そごうが開店した。

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

施設[編集]

ポッポ街商店街西口

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

※東出来島町とは道路上の一点で接する。