幸町 (徳島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
幸町
徳島市役所
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Tokushima Prefecture.svg徳島県
市町村 Flag of Tokushima, Tokushima.svg徳島市
地区 内町地区
人口
2009年(平成21年)12月
 • 合計 460人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
770-0847

幸町(さいわいちょう)は、徳島県徳島市町名。内町地区に属している。幸町一丁目から幸町三丁目までがある。郵便番号は〒770-0847。

統計[編集]

2009年12月。徳島市の調査より。

  • 人口:460人
  • 世帯数:232世帯

地理[編集]

徳島市の中心駅徳島駅の南東、内町地区(ひょうたん島)の南部に位置している。

西の富田橋通り(一部は通りの西まで広がる)と東の牟岐線に挟まれた南北に細長い町で、北から1~3丁目が並ぶ。北は道を挟んで寺島本町東と接し、南は新町川に面している。

1丁目は国道192号が東西に貫いており、オフィス街となっている。2丁目から3丁目北部にかけては、徳島市役所を中心に徳島市民活力開発センターや徳島税務署等の徳島市の公共施設が集中している。3丁目南部の新町川河岸は、中洲総合水産市場や住宅街である。

毎年お盆阿波踊りの時期には徳島市役所前に「市役所前演舞場」が設営され、多くの観光客でにぎわう。

地形[編集]

歴史[編集]

江戸時代は武家地で、現1丁目には稲田屋敷、現2丁目と3丁目北部には賀島屋敷があった。その南の3丁目の大半は、新町川の河道だった。

ただし現幸町公園付近の富田橋通り沿いには、助任新軒から移された魚屋が並ぶがあった。のち(明治)の内魚町(うちうおまち)である。1675年ごろには魚ノ店または魚ノ棚、1810年ごろには魚町と呼ばれた。出身の堺屋秦与兵衛の店があったため堺丁、あるいはその他に撞木町、竹屋ノ浜とも呼ばれた。藩から許可を受けた専売商人の町で、武家向けの魚を売っていた。一方、町人向けの魚は新町の新魚町だった。

明治期には

  • 稲田屋敷跡 - 現 1丁目。
  • 賀島屋敷跡 - 現 2丁目(市役所周辺)・3丁目北部。
  • 塀裏町土手外 - 現 3丁目の大半、南内町3丁目・中洲町も含む
  • 内魚町 - 現 2~3丁目の富田橋通り沿い。一部は現在の幸町外に広がる。

となった。

かつては東は寺島川に面していた。稲田屋敷と賀島屋敷の間に架かる渭津橋(のちの徳島橋)は、寺島側両岸を結び、江戸時代には徳島城鷲の門に通じていた、交通の要所だった。1961年、寺島側は埋め立てられ徳島橋は撤去され、代わって、そのやや北に建設された幸町立体交差国道192号牟岐線をアンダーパス)が東西の交通路となった。同年9月の第2室戸台風水害でこのアンダーパスは水没した。

施設[編集]

とくしまホール

公共施設[編集]

公園[編集]

教育[編集]

企業[編集]

その他[編集]

交通[編集]

道路[編集]

一般国道

バス[編集]

徳島バス徳島市営バス

出典[編集]

  1. ^ 内町まちづくり協議会・徳島市内町公民館『写真で見る内町再発見 ひょうたん島今昔』2009年。新蔵町には接していないとする住宅地図があるがおそらく間違い。

外部リンク[編集]