上助任町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 徳島県 > 徳島市 > 上助任町

上助任町(かみすけとうちょう)は、徳島県徳島市町名2009年12月現在の人口は1,184人、世帯数は537世帯。郵便番号は〒770-0801。

地理[編集]

渭北地区に属する。吉野川下流河口部南岸の沖績平野新町川沿いに位置し北は吉野川に面している。概ね市街地周縁の住宅地として利用される。東から西へ、小字が天神・大坪・蛭子・三本松と並ぶ。蛭子の西側を新町川が北流し、吉野川へ注いでいる。


河川[編集]

小字[編集]

  • 天神
  • 大坪
  • 蛭子
  • 三本松

歴史[編集]

はじめ加茂村、昭和8年からは加茂町大字となる。明治40年に吉野川改修工事が行われ、その間に当地の南原・南原境・中筋・中野・吉野・夷野・大黒・天王須・鳥ノ森・神楽野・芋の宮・鬼ヶ崎・前須・前須久保・吉備津・鳥ノ森東・堤外・北塚・新川・蛭子ノ本・八坂の21小字は改修によって河川敷となった。昭和9年に堤内・一ツ松・北ノ西・西外の4小字は川内村に編入され、同村の大字助任となる。昭和12年に現在の町名となった。昭和43年に一部が北田宮に編入される。

地名の由来[編集]

地名の由来は吉野川・新町川・助任川などの河川に囲まれた砂州であることから、砂架頭の転訛と考えられる。

交通[編集]

道路[編集]

施設[編集]

  • 新町樋門緑地
  • 蛭子公園(上助任町コミュニティ会館・新町川浄化ポンプ場)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]