国府町西高輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 四国地方 > 徳島県 > 徳島市 > 国府町西高輪

国府町西高輪(こくふちょうにしたかわ)は、徳島県徳島市町名南井上地区に属している。郵便番号は〒779-3104。

  • 人口:305人(2010年11月。徳島市の調査より)
  • 世帯数:99世帯(同上)

地理・歴史[編集]

徳島市の北西部に位置。北は飯尾川とその支流西大堀川で限られ、東は国府町東高輪、南は国府町日開、西は国府町川原田と接する。吉野川下流右岸、飯尾川右岸・鮎喰川左岸の鮎喰川デルタフォン(三角州状扇状地)の北端に位置する平地農村。名方郡条理地割が残る。

昭和8年から同9年の飯尾川改修工事により、排水不良による内水面災害はなくなり、旧河道にある低湿田に客土して二毛田化し、水稲の裏作として裸麦・小麦・空豆・菜種・蔬菜などを作った。当地は東高輪・花園・川原田と同じく飯尾川水系に灌漑水を依存しており、高燥な自然堤防帯は個人の揚水機による深井戸灌漑が多い。

1967年(昭和42年)に名東郡国府町が徳島市に編入し、現在の町名となった。

河川[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]