応神町古川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 徳島県 > 徳島市 > 応神町古川
四国大学

応神町古川(おうじんちょうふるかわ)は、徳島県徳島市町名2011年7月現在の人口は1,711人、世帯数は857世帯。郵便番号は〒771-1151。

地理[編集]

徳島市の北部に位置し、応神地区に属する。北は今切川を挟んで板野郡北島町鯛浜、東は川内町榎瀬または北原、西は応神町中原に接する。南は吉野川で限られる。今切川を挟んだ飛び地に、小字の鯛ノ浜添がある。

吉野川沿いを徳島県道137号土成徳島線が通り、吉野川橋北詰で徳島県道39号徳島鳴門線に接続する。徳島鳴門線は北島町から鯛浜橋を渡って地内に入り南進し、吉野川橋を経て市の中心部に通じる。

河川[編集]

小字[編集]

  • 井利ノ元
  • 戎子野
  • 高良
  • 鯛ノ浜添
  • 西
  • 東中道
  • 日ノ上
  • 宮ノ前

歴史[編集]

1889年明治22年)までは板野郡古川村で、それ以降は応神村の大字となった。1966年昭和41年)に応神村が徳島市に編入されたのに伴って現在の地名となる。

交通[編集]

道路[編集]

施設[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]