中通町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 四国地方 > 徳島県 > 徳島市 > 中通町

中通町(なかとおりまち)は、徳島県徳島市町名内町地区に属している。中通町一丁目から中通町三丁目までが設置されている。徳島市の調査による2010年1月人口は149人、世帯数は68世帯。郵便番号は〒770-0844。

地理[編集]

徳島市の中心駅徳島駅の南方、内町地区南部に位置する。東西に伸びる通りの両側に広がる町で、東西に細長く、東から1~3丁目と並ぶが、1丁目と2丁目の間は南北に伸びる両国本町で分断されている。同じく東西に伸びる、北の通町と南の新内町に挟まれている。東西は南北に伸びる町で区切られており、西は国道438号沿いの元町、東は富田橋通り沿いの幸町である。通り自体は、東では幸町公園そばの丁字路で終わっている。西へは、藍場浜公園沿いの短い道を経て国道192号が本来は中通町の続きだが、現在は国道438号の中央分離帯で阻まれ繋がっていない。

歴史[編集]

江戸時代には新興商人の町で、新シ町(あたらしまち)と呼ばれた。片町(かたまち)とも呼ばれた。明治元年1868年)、新シ町が現在の町名、中通町に解消された。当初は徳島のうち、市制施行のあった1889年明治22年)からは徳島市の町名となる。隣接する塀裏浜ノ丁(西部の新町川河岸地帯)と共に、水路で来た客向けの宿屋が江戸時代から多く、明治には旅館街として発展した。1941年昭和16年)に内魚町(現在の幸町公園付近の富田橋通り沿いにあった魚商人町)の一部と通町の一部を編入し、また中通町の一部は元町新内町南内町となった。これ以降、1丁目から3丁目が置かれる。1975年(昭和50年)に両国橋通り沿いが両国本町となった。

文化[編集]

1月10日には、通町の「エベッサン」に合わせ、植木市が立ち、庭木苗木盆栽花卉などが売られる。

施設[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]