北山町 (徳島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 徳島県 > 徳島市 > 北山町

北山町(きたやまちょう)は、徳島県徳島市町名2010年7月現在の人口は680人、世帯数は252世帯。郵便番号は〒770-8032。

地理[編集]

徳島市の中央部に位置し、勝占地区に属する。。北は大谷町、西は上八万町、東は西須賀町、南は方上町と接する。ミカンを中心とする農業地域。西部は山地で、その斜面を利用したミカン栽培が盛んであるが、生産過剰などによる価格の低下に農家は悩まされている。東部は平地が広がり、米が生産されている。

熊野神社・地蔵院東海寺があり、東海寺は、モラエス翁仏壇を祀る寺として知られる。

河川[編集]

小字[編集]

  • 池ノ内
  • 猪ノ奥
  • 岩崎
  • 大杉
  • 上田
  • 神ノ前
  • 上屋敷
  • 神脇
  • 北ノ谷
  • 合仁木
  • 五反地
  • 三反地
  • 重清
  • 下地
  • 下田尻
  • 銭亀坂
  • 中須賀
  • 縄手
  • 萩田
  • 花折
  • 羽淵
  • 船附
  • 松ノ木
  • 簑越
  • 山田

歴史[編集]

元は徳島市大谷の一部で、昭和27年より現在の町名となる。元文年間に高田嘉平らが山桜を植え、寛政年間には大木となり、北山桜として名所になるが、明治8年に伐採された。上八万町へ山越えするあづり越は、源義経勝占神社に参拝した後、あずりながら越えた峠と伝える。

交通[編集]

道路[編集]

施設[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]