ヴェンセスラウ・デ・モラエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・ソウザ第二姓(父方の)はデ・モラエスです。
ヴェンセスラウ・ジョゼ・デ・ソウザ・デ・モラエス
Wenceslau José de Sousa de Morais
モラエス銅像.jpg
誕生 1854年5月30日
ポルトガルの旗 ポルトガルリスボン
死没 (1929-07-01) 1929年7月1日(75歳没)
日本の旗 日本徳島
職業 軍人
外交官
作家
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
眉山山上にあるモラエス館。
徳島市のモラエス通りにあるモラエスの銅像
リスボン市内にあるモラエスの生家に掲げられたアズレージョ

ヴェンセスラウ・デ・モラエス (ヴェンセスラウ・ジュゼ・デ・ソウザ・デ・モライシュ)Wenceslau José de Sousa de Moraes, 1854年5月30日 - 1929年7月1日)は、ポルトガル軍人外交官、文筆家。

略歴[編集]

モラエスは1854年、ポルトガルの首都リスボンで生まれた。海軍学校を卒業後、ポルトガル海軍士官として奉職した。1889年に初来日。ポルトガル領だったマカオの港務局副司令を経て、外交官となる。マカオ時代に、現地女性の亜珍と結婚し、2人の子をもうけた[1]

1899年日本に初めてポルトガル領事館が開設されると在神戸副領事として赴任。後に総領事となり、1913年まで勤めた。

モラエスは1902年から1913年までポルト市の著名な新聞『コメルシオ・ド・ポルト』(ポルト商業新聞)に当時の日本の政治外交から文芸まで細かく紹介しており、それらを集録した書籍『Cartas do Japão(日本通信)』全6冊が刊行された。

モラエスは神戸在勤中に芸者のおヨネ(本名は福本ヨネ)と出会い、ともに暮らすようになる。しかし1912年にヨネが死没すると、モラエスも翌1913年に職を辞任して引退し、ヨネの故郷である徳島市に移住した。さらにヨネのである斎藤コハルと暮らすが、コハルにも先立たれてしまう。モラエスの徳島での生活は必ずしも楽ではなかった。身長180cm以上と当時の日本人に比べて長身で、長いを延ばした風貌だったこともあり、「とーじんさん」と呼ばれて珍しがられ、ドイツスパイと疑われたり[2][3]、「西洋乞食」と蔑まれたりすることもあったという。モラエスは1929年、徳島市で孤独の内に没した。

モラエスの墓所は徳島市西山手町にある潮音寺にあり、モラエスに並んでヨネとコハルの墓塔がある。また東海寺 (徳島市)にもモラエス一家の位牌を納めた仏壇があり、供養されている[3]

著作と評価[編集]

著書に『おヨネとコハル』『日本精神』『ポルトガルの友へ』『徳島日記』がある。ポルトガル語で著述したこともあり、生前には日本ではほとんど注目されることがなかったが、モラエスの死後に日本語への翻訳がなされた。昭和初期の時代の風潮もあり、日本賛美として取り上げられるようになった。

モラエスの自身を取り上げた小説に新田次郎の『孤愁 サウダーデ』(未完)がある。また、絶筆となった本作のポルトガルへの取材旅行の際、新田は詳細なメモ、スケッチ、俳句などを残しており、それを元に新田の次男で数学者エッセイスト藤原正彦が単身、レンタカーを駆って追体験している。その様は『父の旅 私の旅』として出版されており、それぞれの「サウダーデ」を問う旅として見ることが出来る。2012年には、正彦が父の小説を引き継ぐ形で続きを書いたものが出版された。

池内紀もモラエスのことを“ヘンなガイジン第一号。とともに「第二の人生」の手本を示したぐあいである”と『モラエスの絵葉書書簡』の書評の中で書いている[4]

徳島市のモラエスの旧宅の一部は現在眉山山上の博物館施設である「モラエス館」の内部に移築されて保存・活用されている。また壮年期を過ごした神戸の文学館では、モラエスに関する資料が展示されているなど後世に伝えるべき文筆家として高く評価されている。以前、旧宅のあった徳島市伊賀町一帯にはモラエスの名を冠した「モラエス通り」と名付けられた通りがある。

作品[編集]

  • 1895年 - "Traços do Extremo Oriente"
  • 1897年 - "Dai-Nippon"(『大日本 歴史芸術茶道』花野富蔵訳 帝国教育会出版部、1942
  • 1904年 - "Cartas do Japão"(『日本通信』、1904~1905年;1928年)
  • 1905年 - "O culto do chá"(『茶の本』)
  • 1906年 - "Paisagens da China e do Japão"
  • 1907年 - "A vida japonesa"(『日本の生活』)
  • 1916年 - "O Bon-Odori em Tokushima"(『徳島の盆踊り』)
花野富蔵訳 第一書房、1935
『徳島の盆踊り モラエスの日本随想記』岡村多希子講談社学術文庫 1998.1
  • 1917年 - "Ko-Haru"
  • 1919年 - 『午砲 / O tiro do meio dia』
  • 1923年 - "Ó-Yoné e Ko-Haru"(おヨネとコハル)
『おヨネと小春』花野富蔵訳 昭森社、1936
『おヨネとコハル』花野富蔵訳 集英社 1983.3
『おヨネとコハル』岡村多希子訳 彩流社 1989.12
  • 1924年 - "Relance da história do Japão"『日本歴史』花野富蔵訳 明治書房、1942
  • 1926年 - "Os serões no Japão"
  • 1926年 - "Relance d'alma japonesa"
  • 『日本精神』花野富蔵訳 第一書房、1935(後に講談社学術文庫、1992)
岡村多希子訳 彩流社 1996.1
  • 『日本夜話』花野富蔵訳 第一書房、1936
  • 『極東遊記』花野富蔵訳 中央公論社、1941
  • 『徳島日記』
  • 『明治文学全集 第49 ベルツ,モース,モラエス,ケーベル,ウォシュバン集』筑摩書房 1968
  • 「徳島の盆踊抄,おヨネと小春抄.ラビーンドラ・ナート・タゴール集 日本の精神」(高良富子訳)『日本現代文学全集』第15 外国人文学集 講談社 1969
  • 『定本モラエス全集』 全5巻 花野富蔵訳 集英社 1969
  • 『モラエスの絵葉書書簡 日本発、ポルトガルの妹へ』岡村多希子訳 彩流社 1994.3
  • 『ポルトガルの友へ モラエスの手紙』岡村多希子編訳 彩流社 1997.2

参考文献[編集]

  • 『日本人モラエス』花野富蔵 日本文化協会 1939 後に大空社より復刊 
  • 『ウェンセスラウ・デ・モラエス翁』湯本二郎 モラエス翁顕彰会 1939
  • 『モラエスの日本精神』花野富蔵 日本放送出版協会(ラジオ新書)1941
  • 『モラエス案内』徳島県立図書館 1955
  • 『わがモラエス伝』 佃実夫 河出書房新社 1966
  • [1] 徳島市中央公民館 1972
  • 『モラエスのとくしま散歩 モラエス文学の背景』新開宏樹解説 出版カラムス 1975.7
  • 『異邦人モラエス』四国放送毎日新聞社 1976
  • 『日本への遠い道 モラエス伝』阿坂卯一郎 小峰書店 1979.2
  • 『失われた楽園 ロチ、モラエス、ハーンと日本』佐藤剛[要曖昧さ回避] 葦書房 1988.2
  • 『モラエス翁関係年代記』徳島県立図書館 1993.9
  • 『「美しい日本」に殉じたポルトガル人 評伝モラエス』林啓介 角川選書 1997.2
  • 『モラエス残照』林啓介 徳島県教育印刷 1998.10 阿波ポケット文庫 徳島の作家シリーズ
  • 『モラエスの旅 ポルトガル文人外交官の生涯』岡村多希子 彩流社 2000.2
  • 『モラエスとコウト友情物語 明治を愛したポルトガル人』デコウト光由姫 新人物往来社 2001.7
  • 『サウダーデの男モラエス』森本義輝 東京図書出版会 2004.5
  • 『モラエス サウダーデの旅人』岡村多希子 モラエス会 2008.7
  • 『モラエス恋遍路』瀬戸内寂聴 実業之日本社 2009.3
  • 『モラエス会七十五年史』モラエス会 2010.7

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ヴェンセスラウ・デ・モラエス駐日ポルトガル大使館(2018年11月25日閲覧)。
  2. ^ 唐人(とうじん)は中国人、転じて外国人の意。ドイツは第一次世界大戦(1914~1918年)における日本の敵国で、徳島県内にもドイツ兵を収容した板東俘虜収容所があった。なおポルトガルは日本と同じ連合国であった。
  3. ^ a b 【旅】モラエスの足跡(徳島市)生への追慕と眉山の緑(鈴木久美子)『東京新聞』夕刊2018年11月15日(3面)。
  4. ^ 池内紀『本は友だち』みすず書房2014年p.36。

外部リンク[編集]