モラエス通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モラエス旧居跡碑前

モラエス通り(モラエスとおり)は、徳島県徳島市伊賀町一帯に名付けられた通り名である。

概要[編集]

ポルトガル外交官であったヴェンセスラウ・デ・モラエスの旧居跡(伊賀町3)を1975年昭和50年)11月1日に伊賀町1丁目から同町3丁目と改め、「モラエス通り」と命名した。徳島市のシンボルである眉山の麓に位置する住宅街である。モラエスはこの通りに1913年大正2年)から1929年昭和4年)までの16年間居住していた。

通りの起点には瑞巌寺があり、通りには1998年平成10年)にモラエスを顕彰する為モラエスの旧居跡前に建てられたモラエス像やモラエスの墓所である潮音寺がある。

モラエス通りにある主な名所[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]