北沖洲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 徳島県 > 徳島市 > 北沖洲

北沖洲(きたおきのす)は、徳島県徳島市町名。現行行政地名は北沖洲一丁目から北沖州四丁目。2009年12月現在の徳島市の調査による人口は4,972人、世帯数は2,033世帯。郵便番号は〒770-0872。

地理[編集]

徳島市の東部に位置し、沖洲地区に属する。吉野川下流デルタ地帯の一角をなす。北で金沢、東で東沖洲、南で南沖洲、西で安宅、北西で城東町と隣接する。北東を吉野川が西から東に流れている。西は沖洲川、東に沖洲海岸があり紀伊水道に面する。

河川[編集]

歴史[編集]

元は沖洲町の一部で、北ノ浜・北屋敷・北堤内・中張・船戸南・北ノ端・北新田・小高洲・高洲であった。1969年昭和44年)より現在の町名となった。三丁目から四丁目はネギ畑の目立つ田畑やカヤ原にすぎなかった。往時の様子をよく示すものに隠元さん(狸の名)の祠がある。三丁目から四丁目の様子を一変させたのは、イナ池を埋め立てて徳島市中央卸売市場が作られたことである。海岸は遠浅の砂浜海苔養殖が盛んであったが、1989年平成元年)よりマリンピア沖洲の工事が始まってからは、それまで開かれていた海水浴場が閉鎖された。

交通[編集]

バス[編集]

徳島市営バス
  • 北沖洲二丁目
  • 中央市場北口
  • 中央市場正門前
  • 中央市場口

道路[編集]

都道府県道

施設[編集]

徳島市中央卸売市場

参考文献[編集]

外部リンク[編集]