寺町 (徳島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寺町
東光寺
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 徳島県
市町村 徳島市
人口
2010年(平成22年)11月1日
 • 合計 3,545人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
770-0909

寺町(てらまち)は、徳島県徳島市町名新町地区に属する。2010年11月1日現在の人口は91人、世帯数は31世帯。郵便番号は〒770-0909。寺町一帯はとくしま市民遺産に選定。

地理[編集]

徳島市の東部、眉山山麓に位置する。東は西大工町、南は西山手町に隣接している。

町内には願成寺東宗院など様々な宗派の寺院が集中している。また錦竜水と呼ばれる湧水があり、寺町の名物である滝の焼餅に使用されている。

山岳[編集]

歴史[編集]

寺町は江戸時代徳島城下に形成された町で明治22年より徳島市の町名となった。

蜂須賀家政は徳島城の建設に際し、寺院を勝瑞(現板野郡藍住町勝瑞)や旧地の尾張から移し、最初は寺島に集め、後に眉山山麓の当地に移転させた。その移転年代は不詳。

勝瑞から移された寺院は、徳川家の位碑を安置する浄土宗還国寺浄智寺真言宗持明院源久寺東宗院日蓮宗本行寺寿量寺妙永寺善学寺妙典寺本覚寺妙長寺浄土宗慈船寺円徳寺長善寺などのほか、春日寺(廃寺)、真言宗の来福寺善福寺願成寺般若院浄土真宗東光寺元勝寺、日蓮宗正宗の敬台寺があり、寺院が集中している。

城下町の構成のなかで寺町を配するのは戦時下における兵力の屯集に利用されるとともに、防衛上重要な機能を担うことになった。また還国寺や持明院が蜂須賀家と特殊な関係を持ち、その他の寺院も藩士や城下の町人の檀那寺として、極めて重要な役割を担っていた。

渭津五か寺のひとつの敬台寺は日蓮宗富士派に属し、寛文6年に初代藩主・蜂須賀至鎮の正室・敬台院が、江戸下谷の法詔寺を移築した。同寺から以西の大工町の付近を、通称で敬台前と呼んでいた。なお、寺町と大工町の接するあたりは法華寺町と呼ばれていた。

昭和17年(1942年)に一部が西新町西大工町眉山町大滝山となった。

施設[編集]

般若院
願成寺
東宗院

寺院[編集]

名所[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]