庭木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

庭木(にわき)とは、に植える樹木の総称である。樹種は何でも構わないが、庭木として選ばれることの多い樹種というものはある。種、苗木、ある程度成長した木のいずれの状態からでも庭木として育てることができるが、種からだと雑草などとの競合があるので発芽させてからの管理が大変であり、逆に大きく育った木を移植する場合は重いので移植が大変である。なお四季がはっきりとしている地域で常緑樹ではない庭木の移植をするときは、木が休眠状態になっている冬にするのが望ましく、逆に木が活動している夏などは移植をしない方がいい。庭木は植えるときもさることながら、その後の水やり、雑草抜き、労定、移植など、住んでいる人との口常のかかわりが見て取れる貴重な緑である。他にもクリスマスなどの時期になると庭木にイルミネーションを設置する住人もいる。また住宅地などでは地域の緑の存在形態として重要であるし、生垣を作っての代わりにしたりもするし、庭木の配置を工夫することは造園の要素の1つとなっている。

関連項目[編集]