長尾新九郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
長尾新九郎
ながお しんくろう
生年月日 (1891-04-16) 1891年4月16日
出生地 徳島県
没年月日 (1968-05-15) 1968年5月15日(満77歳没)
出身校 明治大学政治経済学部
徳島農業高等学校
前職 徳島市長

Flag of Tokushima, Tokushima.svg 第20・21代 徳島市長
当選回数 2回
在任期間 1951年4月24日 - 1959年5月1日
テンプレートを表示

長尾 新九郎(ながお しんくろう、1891年明治24年)4月16日 - 1968年昭和43年)5月15日)は、日本政治家徳島市長明治大学政治経済学部卒業。

経歴[編集]

名東郡加茂名村(現在の徳島市庄町)で生まれた[1]

徳島農業高等学校明治大学政治経済学部卒業[2]1934年徳島市役所に勤務、佐古青果市場理事長に就任。

1951年に徳島市長に就任し1958年まで2期を務める。一坂俊太郎以来、戦後初めて2期以上、市長を務めた。1967年、日本ポルトガル親善とモラエス翁顕彰の功によりポルトガル国徳島駐在名誉領事に任じられた[2]

1968年昭和43年)5月15日、77歳で没する。没後、ポルトガルよりインファンテ・ドン・エンリケ勲章(大騎士章)を追贈された[2]

市長在任中[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本の歴代市長 第3巻』p291
  2. ^ a b c 『徳島県歴史人物鑑』p217

参考文献[編集]

  • 『徳島県歴史人物鑑』徳島新聞社、1994年。
  • 『日本の歴代市長 第3巻』歴代知事編纂会、1985年。
公職
先代:
原菊太郎
Flag of Tokushima, Tokushima.svg 徳島市長
第20-21代:1951 - 1959
次代:
豊田幸太郎