一坂俊太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一坂俊太郎
いちさか しゅんたろう
Ichisaka Shuntaro.jpg
生年月日 (1856-07-06) 1856年7月6日
出生地 徳島県
没年月日 (1922-02-04) 1922年2月4日(65歳没)
前職 徳島市長

Flag of Tokushima, Tokushima.svg 第6-9代 徳島市長
当選回数 4回
在任期間 1907年4月13日 - 1922年2月3日
テンプレートを表示

一坂 俊太郎(いちさか しゅんたろう、1856年8月6日安政3年7月6日[1]) - 1922年大正11年)2月4日[2])は、日本政治家衆議院議員)。徳島市長

経歴[編集]

1874年に初代徳島市長である井上高格らと共に自由民権運動を訴える「自助社」を結成。しかし自助社が出版した「通諭書」は過激な言葉で日本政府を批判していた為、俊太郎らは政府に捕らわれてしまう。

この事件を裁いた玉乃世履は、公判廷での俊太郎の熱弁に魅了され、俊太郎を自分の養子にする話を持ち出したが、養子にはならなかった。[3]

その後、京都府内務省逓信省書記官などを務めた後、1907年に徳島市長に就任。4期に渡って市長を務めた。1912年第11回衆議院議員総選挙立憲政友会より出馬し当選した。

墓所は東京都港区青山霊園立山墓地。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『第拾壱回改選 代議士銘鑑』、国華新聞社、1912年。
  2. ^ 参考文献『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』69頁。
  3. ^ 情報スパイス(中国新聞情報文化センター)
  4. ^ 『官報』第684号「叙任」1885年10月9日。
  5. ^ 『官報』第2546号「叙任及辞令」1891年12月23日。
  6. ^ 『官報』第3199号「叙任及辞令」1894年3月1日。
  7. ^ 『官報』第3791号「叙任及辞令」1896年2月21日。
  8. ^ 『官報』第6148号、「叙任及辞令」1903年12月28日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


公職
先代:
桑村猪平
Flag of Tokushima, Tokushima.svg 徳島市長
第6-9代:1907 - 1922
次代:
武市彰一