小池正勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小池正勝
こいけ まさかつ
生年月日 (1952-01-17) 1952年1月17日(65歳)
出生地 日本の旗 東京都板橋区
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員建設省
徳島県徳島市長
参議院議員
所属政党 自由民主党→)
新党改革
公式サイト こいけ正勝公式サイト

日本の旗 参議院議員
選挙区 徳島県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2004年7月 - 2010年7月

Flag of Tokushima, Tokushima.svg 第31・32・33代 徳島県徳島市長
当選回数 3回
在任期間 1993年3月4日 - 2004年3月5日
テンプレートを表示

小池 正勝(こいけ まさかつ、1952年(昭和27年)1月17日 - )は、日本政治家参議院議員(1期)、新党改革政審会長徳島県徳島市長(3期)を務めた。

概要[編集]

東京都板橋区生まれ。東京都立竹早高等学校東京大学法学部卒業。1975年建設省に入省。1984年より徳島市役所へ出向し、徳島市開発部長に就任。1988年、徳島市助役に就任。

1993年徳島市長選挙に無所属で出馬し、初当選を果たした。当時、県庁所在地では最年少の市長であった。1997年2001年の徳島市長選でも再選。

2004年、徳島市長を辞職。第20回参議院議員通常選挙自由民主党公認で徳島県選挙区から出馬し、当選した。2007年第1次安倍改造内閣外務大臣政務官に任命され、福田康夫内閣においても再任された[1]

2010年、自民党徳島県連が実施した第22回参議院議員通常選挙徳島県選挙区の公認候補の選定をめぐり、自民党に離党届を提出。改革クラブに合流し、新党改革の結党に参加。舛添要一代表の下、新党改革政審会長に起用された。同年7月、第22回参議院議員通常選挙に徳島県選挙区から新党改革公認で出馬したが、落選した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 小池正勝外務大臣政務官(過去の記録) 外務省
  2. ^ 小池 正勝 : プロフィル : 参院選2010 YOMIURI ONLINE

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
宇野治坂本由紀子中山泰秀
日本の旗 外務大臣政務官
宇野治中山泰秀と共同

2007年 - 2008年
次代:
西村康稔御法川信英柴山昌彦
先代:
三木俊治
Flag of Tokushima, Tokushima.svg 徳島市長
第31-33代:1993 - 2004
次代:
原秀樹
党職
先代:
山内俊夫
改革クラブ
新党改革政審会長
第2代:2010年
次代:
(空席)