工藤隆治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
工藤隆治
くどう りゅうじ
Kudo Ryuji.jpg
生年月日 (1878-08-05) 1878年8月5日
出生地 徳島県吉野川市
没年月日 (1966-12-07) 1966年12月7日(88歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学政治科
前職 日本製靴株式会社顧問
徳島市長

Flag of Tokushima, Tokushima.svg 第15代 徳島市長
当選回数 1回
在任期間 1937年12月6日 - 1941年12月1日
テンプレートを表示

工藤 隆治(くどう りゅうじ、1878年明治11年)8月5日[1]1966年昭和41年)12月7日[2])は、大日本帝国海軍軍人徳島市長

経歴[編集]

徳島県麻植郡西尾村(現在の吉野川市)出身[1]1906年(明治39年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業[3]。海軍に入って、中主計、大主計、主計少監、主計中監、主計大佐と累進し、海軍省経理局第二課長・海軍大学校教官、広海軍工廠会計部長を歴任した[1]1924年大正13年)、予備役編入[1]

1928年(昭和3年)、東京市主事・商工課長に就任[1]1932年(昭和7年)に品川区長となり、1936年(昭和11年)からは下谷区長を務めた[1]

1937年(昭和12年)、徳島市長に選出され、1941年(昭和16年)まで在任した。

その後、日本製靴株式会社顧問を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『全国市長銘鑑』p.61。
  2. ^ 『日本の歴代市長』第3巻、p.288。
  3. ^ a b 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 『自治制実施五十周年記念 全国市長銘鑑』 帝国自治協会、1938年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(上)』 人事興信所、1943年
  • 『日本の歴代市長 第3巻』 歴代知事編纂会、1985年
公職
先代:
藤岡直平衛
Flag of Tokushima, Tokushima.svg 徳島市長
第15代:1937 - 1941
次代:
森六郎