内山榮一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内山榮一(うちやま えいいち、1911年11月25日 - 2012年4月10日[1]は、日本政治家東京都台東区長(4期)、台東区議会議員(4期)、東京都議会議員(3期)を歴任した。

来歴[編集]

埼玉県出身。1935年法政大学経済学部卒業。その後税理士事務所を開く。

1951年から台東区議会議員を4期務め、1967年から東京都議会議員に転じて3期務めた。1975年4月に台東区長に当選。1991年4月まで4期16年務めた[1]

旧東京音楽学校奏楽堂の老朽化にともなう移築問題が起きた際、愛知県の明治村に建物を移築する計画に対して、上野公園敷地内への移築を推進し台東区内での保存を守ったことで知られる[2][3][4][5]

また、隅田川花火大会の復活や浅草サンバカーニバルの開催に携わり、「アイデア区長」と呼ばれた[6]

1977年伝法院前にあった区庁舎を上野駅前に移転させた際、内山の指示でそれまであったバラックを取り壊し、各自の負担で建物を建てることで、周辺の露店を引き続き土地の使用料は不要で営業出来るよう計らった。(内山と露天商の口約束である。)これが伝法院通りの商店街「伝法院通り商栄会」である。

1991年に引退。その後は税理士として活動した。

2007年10月、台東区名誉区民に推される[1]。2012年4月10日死去、享年100。

2021年、伝法院通り商栄会の各店舗は公道上に存在しており、区が立ち退き要求を出した[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 台東区名誉区民”. 台東区ホームページ. 2020年5月19日閲覧。
  2. ^ 「旧東京音楽学校(東京芸術大学)奏楽堂」を語る! 米良 美一さんにインタビュー”. 建設通信新聞. 2020年5月19日閲覧。
  3. ^ 旧東京音楽学校奏楽堂を歩く”. 台東区文化探訪アーカイブス. 2020年5月19日閲覧。
  4. ^ 東京新聞出版局編『上野奏楽堂物語』 東京新聞出版局、1987年10月
  5. ^ 出版刊行会編『内山榮一・下町区長の十六年』 東京新聞出版局、1991年6月
  6. ^ 平成24年第1回臨時会 東京都台東区議会会議録(第5号)2012年04月25日
  7. ^ 浅草商店街存続危機「そんなもんいらない」44年前アイデア区長ひと言発端日刊スポーツ2021年6月8日

参考文献[編集]