旧東京音楽学校奏楽堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 旧東京音楽学校奏楽堂
The oldest Tokyo National University of Fine Arts and Music Concert Hall.jpg
建物全景
施設情報
前身 東京音楽学校奏楽堂
専門分野 音楽
来館者数 23,865名(平成21年)[1]
事業主体 台東区
管理運営 財団法人台東区芸術文化財団[1]
年運営費 13,756,517円[1]
(平成21年管理経費[決算])
建物設計 #建築概要を参照)
延床面積 1,851.39m2[1]
開館 1987年
所在地 110-0007
東京都台東区上野公園8番43号[1]
位置 北緯35度43分4.92秒 東経139度46分23.25秒 / 北緯35.7180333度 東経139.7731250度 / 35.7180333; 139.7731250座標: 北緯35度43分4.92秒 東経139度46分23.25秒 / 北緯35.7180333度 東経139.7731250度 / 35.7180333; 139.7731250
アクセス JR・東京メトロ上野駅
京成本線京成上野駅より徒歩
公式サイト 公式サイト
プロジェクト:GLAM
瀧廉太郎像

旧東京音楽学校 奏楽堂(きゅうとうきょうおんがくがっこう そうがくどう)は東京都台東区上野公園にある歴史的建造物。日本で最初に建てられた本格的な西洋式音楽ホールとされる。

概要[編集]

文部技官山口半六と久留正道の設計[2]により東京芸術大学音楽学部の前身である東京音楽学校のオーディトリウム(演奏会場)として1890年(明治23年)に建設された。中央家と翼家からなり、奏楽堂とは中央家2階にある講堂兼音楽ホールのことであるが、今日建物そのものの名称となっている。

1972年(昭和47年)、老朽化のため大学構内から愛知県犬山市にある博物館明治村への移築保存で合意されたが、日本建築学会、音楽家グループ、市民らの反対により撤回され、1983年(昭和58年)に台東区へ譲渡された。

1984年(昭和59年)、台東区は解体・修理後に上野公園内へ移築を行い、1987年(昭和62年)10月から一般公開が開始した。翌1988年(昭和63年)1月、国の重要文化財に指定された[2][注 1]

建物の傍らには瀧廉太郎の銅像が設置されている。

建物の保存と修復のために2019年(平成30年)までの予定で一般公開を休止している。

施設[編集]

  • ホール - 客席338席(梁行16.4m、桁行26.4m)[3]
  • パイプオルガン - 日本最古級のコンサート用オルガンの一つ。アボット・スミス社(Abbott and Smith)製、パイプ総数1,379本、現存日本唯一の空気式アクション機構(1928年(昭和3年)、徳川頼貞からの寄贈)

建築概要[編集]

ホール中央部天井をヴォールト状にするなど音響への配慮、壁面・床下に大鋸屑を詰めた層を設けるなど遮音への配慮がなされている。

  • 設計 - 山口半六・久留正道[2]
  • 竣工 - 1890年(明治23年)5月
  • 構造 - 木造、地上2階建て、桟瓦葺
  • 音響設計 - 上原六四郎
  • 所在地 - 〒110-0007 東京都台東区上野公園8番43号

特記事項[編集]

  • 開館時間、休館日、料金、コンサート開催日などの利用情報については、公式サイトを参照のこと。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1988年(昭和63年)1月13日指定。なお、両翼家は一部のみ。

出典[編集]

外部リンク[編集]