池田徳潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田 徳潤
Ikeda Norimasu.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 昭和時代
生誕 弘化4年11月11日1847年12月18日
死没 昭和4年(1929年5月13日
享年83(満81歳没)
改名 政太郎(幼名)、徳潤
別名 嘉延(別名)
墓所 兵庫県神崎郡神河町福本の徹心寺
官位 正五位、但馬守、男爵
幕府 江戸幕府
播磨福本藩
氏族 池田氏
父母 父:池田喜通
正室:平野長発の長女・万寿子
継室:田辺央立の養女・貞子
譲次、龍子(秋田映季継室)、男、娘、娘
テンプレートを表示

池田 喜延(いけだ よしのぶ)または池田 徳潤(いけだ のります)は、幕末維新期の大名播磨福本藩主。維新後は男爵

生涯[編集]

弘化4年(1847年)11月11日、交代寄合6000石の池田喜通の子として江戸で生まれる。慶応4年(1868年)に喜通は大名・福本藩主となるが、直後に死去したため、喜延が跡を継いだ。この時に徳潤と改名した。「徳」の字は、本家因幡鳥取藩主の池田慶徳からの偏諱と思われる。明治2年(1869年)6月17日、版籍奉還により知藩事となる。明治3年(1870年)11月23日に廃藩となり、その領地は鳥取藩に併合されることとなった。明治4年(1871年)2月、鳥取県大参事に就任する。同年5月から海外視察に赴き、明治6年(1873年)12月に帰国する。

明治11年(1878年)11月に浅草区、明治14年(1881年)6月に京橋区、明治16年(1883年)5月麹町区、と東京市の区長を歴任する。明治17年(1884年)1月、兵庫県少書記官に就任する。同年7月8日、男爵を叙爵[1]。明治19年(1886年)5月、長崎県少書記官に就任する。明治20年(1887年)2月、宮崎県書記官に就任する。同年11月18日、非職となる[2]

明治26年(1893年)11月、裁判所から家資分散の宣告を受ける。明治27年(1894年)1月26日[3]、経済的な理由で爵位を返還する。晩年は福本で過ごし、昭和4年(1929年)5月13日に死去した。享年83。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ 『官報』第1320号、明治20年11月21日。
  3. ^ 『官報』第3172号、明治27年1月27日。
公職
先代:
-
浅草区
1878年 - 1881年
次代:
町田今亮
先代:
江塚庸謹
京橋区
1881年 - 1883年
次代:
林厚徳
先代:
平松時厚
麹町区
1883年
次代:
大海原尚義
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
福本池田家初代
1884年 - 1894年
次代:
爵位返上