加藤清政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤清政
かとう きよまさ
生年月日 1917年1月10日
出生地 日本の旗 長野県東京府育ち)
没年月日 (1995-12-07) 1995年12月7日(78歳没)
出身校 法政大学法文学部
所属政党日本社会党→)
無所属→)
自由民主党
称号 勲三等旭日中綬章

当選回数 2回
在任期間 1981年 - 1989年

選挙区 旧東京1区
当選回数 1回
在任期間 1972年 - 1976年

当選回数 4回
在任期間 1959年 - 1972年

当選回数 3回
在任期間 1947年 - 1959年
テンプレートを表示

加藤清政(かとう きよまさ、1917年1月10日 - 1995年12月7日)は、日本政治家東京都千代田区長(2期)、衆議院議員(1期)、東京都議会議員(4期)、千代田区議会議員(3期)を歴任した。

概要[編集]

本籍地の長野県上水内郡安茂里村で出生、生後間もなく東京市で育つ。父の加藤六之助は元警視庁小松川警察署亀戸分署署長。旧制安田工業学校を経て、1930年法政大学法文学部卒業。東京市に入庁し城東区役所神田区役所に勤め、第二次世界大戦終戦後、千代田区役所主事を経て、東京都庁職員労働組合(都職労)青年部長を務める。1947年から千代田区議会議員を3期務め、その後東京都議会議員に転じて4期務める。

1972年、4期目の任期途中で都議を辞職。第33回衆議院議員総選挙旧東京都第1区から日本社会党公認で出馬し、当選。1976年第34回衆議院議員総選挙に再選を目指して出馬するが、落選。なおこの選挙における旧東京1区の当選者は麻生良方無所属)、与謝野馨大塚雄司自由民主党)の3人で、革新系候補は1人も当選できなかった(麻生は元民社党保守系無所属)。落選後も旧東京1区からの出馬を希望していたが、横浜市長を辞職した飛鳥田一雄日本社会党委員長の出馬が決定し、参議院への転出を余儀なくされる。1980年第12回参議院議員通常選挙東京都選挙区から社会党公認で出馬するが、落選。参院への鞍替えは加藤の支持者らによる飛鳥田への反発を強め、加藤自身も社会党を離党する。

1981年1月、自民党の推薦を受けて千代田区長選挙に出馬し、当選。同年5月には自民党に入党した。千代田区長を2期8年務める。1995年12月7日、死去。享年78。

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
遠山景光
Flag of Chiyoda, Tokyo.svg 東京都千代田区長
1981年 - 1989年
次代:
木村茂