遠山景光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遠山 景光
とおやま かげみつ
生年月日 1906年7月16日
出生地 東京府東京市神田区
(現:東京都千代田区神田
没年月日 (1980-12-20) 1980年12月20日(74歳没)
出身校 中央大学専門部商科
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 1975年4月27日 - 1980年12月20日

Flag of Chiyoda, Tokyo.svg 東京都千代田区長(区長選任制)
当選回数 3回
在任期間 1960年5月20日 - 1972年5月19日
テンプレートを表示

遠山 景光(とおやま かげみつ、1906年明治39年〉7月16日 - 1980年昭和55年〉12月20日[1] )は、日本政治家東京都議会議員東京都千代田区長などを務めた。千代田区名誉区民。

弟にアールエフラジオ日本会長を務めた遠山景久がいる。

父親は京浜実業家名鑑 寄与者:遠山景澄

経歴[編集]

神田神保町出身。1936年中央大学専門部商科卒業。その翌年に東京市神田区議会議員に当選。2期務め、区議会副議長にも就く。1947年東京都議会議員千代田区議会議員に当選。

1960年5月20日、第4代官選千代田区長に就任[2]。1972年まで3期務めた。

1975年地方自治法改正により公選が復活。同年4月27日に行われた区長選挙に自民党の推薦を受けて立候補。社会党・共産党・民社党の推薦と公明党の支持を受けた前区長の高橋銑一を破り、当選した[3][4]

2期目在任中の1980年12月20日急性心不全で死去。74歳没。千代田区はその死の翌日に遠山を千代田区初の名誉区民を追贈し、没後の1984年千代田区役所入口ホールに名誉区民として遠山の肖像画が飾られた[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]