池田喜通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田喜通
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 文政11年6月21日1828年8月1日
死没 慶応4年7月10日1868年8月27日
別名 兵部、弾正、但馬守
墓所 兵庫県神崎郡神河町福本の徹心寺
幕府 江戸幕府
播磨福本藩
氏族 池田氏
父母 父:池田喜長
兄弟 喜通政和
正室:池田道一の娘
継室:フチ奥平昌高の娘)
徳潤
テンプレートを表示

池田 喜通(いけだ よしみち)は、江戸時代後期から末期の寄合旗本大名播磨福本藩主。

来歴[編集]

文政11年(1828年)6月21日、福本を知行する交代寄合6000石の第6代当主・池田喜長の子として生まれる。天保7年(1836年)9月に家督を継いで交代寄合となる。幕末には安政2年(1855年)に領校「乾々館」を開き、文久3年(1863年)の生野の変鎮圧や元治元年(1864年)の第一次長州征伐に参加して功績を挙げている。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、新政府軍に協力して姫路藩攻めに参加した。

慶応4年(1868年)6月20日、本家の因幡鳥取藩から蔵米3500石を与えられたことで、石高直しにより都合1万573石となったため大名に列した。しかし直後の7月10日に死去した。享年41。跡を子の喜延(徳潤)が継いだ。