高田賢治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高田 賢治郎(たかだ けんじろう、1898年明治31年)1月12日[1] - 没年不詳)は、内務官僚東京市東京都区長

経歴[編集]

京都府出身。1921年大正10年)に東京帝国大学法学部政治学科を卒業し、翌年に高等試験行政科に合格した[1]大分県属、大阪府属、警視群馬県警務課長、同保安課長、事務官福岡県商工課長兼水産課長、熊本県学務部長を歴任し、1932年(昭和8年)に退官した[1]

1933年(昭和8年)に東京市主事となり、保健局庶務課監理係長、駒込病院事務長、監査局都市計画課長、世田谷区長、教育局防衛課長、城東区長、厚生局保護課長、神田区長、中央卸売市場長、芝区長を歴任した[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 日本官界名鑑 1942, p. タ32.
  2. ^ 人事興信録 1943, p. タ114.

参考文献[編集]

  • 日本官界情報社編 『日本官界名鑑 昭和十七年版』日本官界情報社、1942年。 
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』人事興信所、1943年。