石川雅己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川 雅己
いしかわ まさみ
生年月日 (1941-02-22) 1941年2月22日(76歳)
出生地 日本の旗 東京都文京区小石川
出身校 東京都立大学法経学部
前職 地方公務員東京都
首都高速道路公団理事
現職 東京都千代田区長
所属政党 無所属
公式サイト 【石川雅己(いしかわまさみ)千代田区長】

当選回数 5回
在任期間 2001年2月8日[1] - 現職
テンプレートを表示

石川 雅己(いしかわ まさみ、1941年(昭和16年)2月22日 - )は、日本政治家東京都千代田区長(5期)。元東京都職員。

来歴[編集]

東京都文京区小石川生まれ。東京都立北園高等学校東京都立大学法経学部卒業。

1963年東京都庁入庁。1975年12月から1980年7月まで千代田区役所企画課長。1995年6月より東京都港湾局長1996年7月より東京都福祉局長1999年5月に東京都庁を退職し、同年6月から2002年12月までは首都高速道路公団理事を務めた[2]

2001年千代田区長選挙に無所属で出馬し、以後4回連続当選。2013年2月の千代田区長選では、それまでの区長選では石川を支援してきた自由民主党公明党が、石川の下で副区長を務めた大山恭司を擁立。石川は無所属で選挙戦に臨み、1,264票差で大山を下し4期目の当選を果たした[3]

2017年2月に投開票される千代田区長選挙に無所属で出馬を表明した。前年に都知事に就任した小池百合子が石川を支援する一方、小池と対立を深める都議会自民党・東京都連は対立候補として、地元選出の衆院議員だった与謝野馨の甥を対立候補として擁立しており、小池と「都議会のドン」と呼ばれる内田茂の「代理戦争」と報じられていた[4][5][6]が、開票の結果、石川が2位以下に大差をつけて5選された[7]

政策・主張[編集]

路上喫煙禁止条例[編集]

千代田区長就任後の2002年、日本で初めて路上での喫煙に対して過料を適用する「安全で快適な千代田区の生活環境の整備に関する条例」の制定を推進した[8]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
木村茂
Flag of Chiyoda, Tokyo.svg 東京都千代田区長
2001年 -
次代:
(現職)