石川雅己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石川 雅己
いしかわ まさみ
生年月日 (1941-02-22) 1941年2月22日(79歳)
出生地 日本の旗 東京都文京区小石川
出身校 東京都立大学法経学部
前職 東京都職員
首都高速道路公団理事
現職 東京都千代田区長
所属政党 無所属
公式サイト 【石川雅己(いしかわまさみ)千代田区長】

当選回数 5回
在任期間 2001年2月8日[1] - 現職
テンプレートを表示

石川 雅己(いしかわ まさみ、1941年(昭和16年)2月22日 - )は、日本政治家東京都千代田区長(5期)。元東京都職員。

経歴[編集]

東京都文京区小石川生まれ。東京都立北園高等学校東京都立大学法経学部卒業。

1963年東京都庁入庁。1975年12月から1980年7月まで千代田区役所企画課長。1995年6月より東京都港湾局長1996年7月より東京都福祉局長1999年5月に東京都庁を退職し、同年6月から2000年12月までは首都高速道路公団理事を務めた[2]

2001年千代田区長選挙に無所属で出馬し、以後4回連続当選。2013年2月の千代田区長選では、それまでの区長選では石川を支援してきた自由民主党公明党が、石川の下で副区長を務めた大山恭司を擁立。石川は無所属で選挙戦に臨み、1,264票差で大山を下し4期目の当選を果たした[3]

2017年2月に投開票される千代田区長選挙に無所属で出馬を表明した。前年に都知事に就任した小池百合子が石川を支援する一方、小池と対立を深める都議会自民党・東京都連は対立候補として、地元選出の衆院議員だった与謝野馨の甥の与謝野信を対立候補として擁立し、小池と「都議会のドン」と呼ばれる内田茂の「代理戦争」と報じられた[4][5][6]が、開票の結果、石川が与謝野らに大差をつけて5選した[7]

不祥事[編集]

2020年3月、家族と共同で所有していた千代田区内の高級住宅街にあるマンションのおよそ1億円の部屋が、一般には販売されず、土地の所有者や得意客に提供される「事業協力者住戸」と呼ばれる部屋だったことが明らかになった[8]。これを受け区議会は、建物の容積率を緩和する区の制度を運用する石川がこの部屋を購入できた経緯を調査するため、地方自治法に基づく百条委員会を設置した[9]。‬区議会によると、区長は6月の百条委員会の証人尋問で、知人を通じて販売会社に一連の経緯を確認したと証言したが、販売会社は百条委の問い合わせに「確認はなかった」と回答した。また知人についての委員会の照会に対し、正当な理由なく証言を拒み続けた‪[10]。‬

7月27日、区議会は地方自治法違反(偽証、証言拒否)の疑いで石川を刑事告発する議案を賛成多数で可決した[9]。翌日に石川は、刑事告発議案の可決が「不信任に当たる」として、区議会に解散通知を提出した[11]。地方自治法は自治体の長による解散を「議会が不信任の議決をしたとき」と規定しており、31日に千代田区選挙管理委員会は「解散選挙の事由は発生しない」として石川による解散を無効と判断した。区議らは解散通知の無効確認と執行停止を求め、東京地方裁判所に提訴した[12]。8月7日、東京地裁は議会による刑事告発は不信任議決と同一とはいえないとして、解散通知の効力を停止する決定をした[13]。決定を受け石川は11日に解散通知を取り消し、謝罪した[14]

政策・主張[編集]

路上喫煙禁止条例[編集]

千代田区長就任後の2002年、日本で初めて路上での喫煙に対して過料を適用する「安全で快適な千代田区の生活環境の整備に関する条例」の制定を推進した[15]

脚注[編集]

  1. ^ 千代田区ホームページ - 区長就任挨拶
  2. ^ 特別区長会 千代田区長紹介
  3. ^ 千代田区長選挙(2013/02/03投票)結果|ザ選挙
  4. ^ 北爪三記 (2017年1月23日). “来月5日投開票の千代田区長選 都議選占う「代理戦争」?”. 東京新聞. http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201701/CK2017012302000123.html 2017年1月28日閲覧。 
  5. ^ “千代田区長選へ石川雅己氏が決起大会 「緑」のネクタイは小池カラー 「これまでの政策根付かせる」”. 産経新聞. (2017年1月23日). http://www.sankei.com/politics/news/170123/plt1701230021-n1.html 2017年1月28日閲覧。 
  6. ^ 伊藤あずさ、二階堂勇 (2017年1月28日). “「ドン」地元で都議選の前哨戦 小池知事X自民の構図”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASK1V7JVQK1VUTFK01F.html 2017年1月28日閲覧。 
  7. ^ “千代田区長選 小池知事が支援の現職・石川氏が5選”. NHKニュース (日本放送協会). (2017年2月5日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170205/k10010865891000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001 2017年2月5日閲覧。 
  8. ^ “東京 千代田区長所有のマンションめぐり区議会が百条委設置へ”. NHK 政治マガジン. (2020年3月10日). https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/31494.html 2020年7月29日閲覧。 
  9. ^ a b “千代田区議会が区長告発の方針 マンション購入巡り”. 日本経済新聞. (2020年7月27日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO61966210X20C20A7000000?s=4 2020年7月29日閲覧。 
  10. ^ “「マンション問題」で区議会が区長を刑事告発へ 東京 千代田区”. NHK. (2020年7月27日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200727/amp/k10012535501000.html 2020年7月29日閲覧。 
  11. ^ “「前代未聞」 区長は解散通知、議長は拒否… 混迷続く東京・千代田区”. 毎日新聞. (2020年7月29日). https://mainichi.jp/articles/20200729/k00/00m/010/011000c.amp 2020年8月1日閲覧。 
  12. ^ “千代田区選管「不信任議決に当たらず」区長の主張否定 議員は地裁提訴”. (2020年7月31日). https://www.sankei.com/politics/amp/200731/plt2007310037-a.html 2020年8月1日閲覧。 
  13. ^ “千代田区議会解散通知、効力停止 地裁、区長告発を不信任と認めず”. (2020年8月7日). https://www.tokyo-np.co.jp/amp/article/47686 2020年8月12日閲覧。 
  14. ^ “千代田区長が議会解散通知を取り消し 地裁決定受け 「区政停滞させおわび」”. (2020年8月11日). https://mainichi.jp/articles/20200811/k00/00m/040/235000c.amp 2020年8月12日閲覧。 
  15. ^ “千代田区生活環境条例 「生活環境条例」のあらまし” (プレスリリース), 千代田区, http://www.city.chiyoda.lg.jp/service/00068/d0006853.html 2010年7月7日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
木村茂
Flag of Chiyoda, Tokyo.svg東京都千代田区長
2001年 -
次代:
現職