森六郎 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
森 六郎
もり ろくろう
生年月日 (1891-11-29) 1891年11月29日
出生地 徳島県上勝町
没年月日 (1974-03-02) 1974年3月2日(82歳没)
出身校 農商務省水産講習所

Flag of Tokushima, Tokushima.svg 第16代 徳島市長
当選回数 1回
在任期間 1942年3月27日 - 1945年4月15日
テンプレートを表示

9代 森 六郎(もり ろくろう、1891年明治24年)11月29日 - 1974年昭和49年)3月2日)は、日本政治家実業家。元徳島市長徳島県小松島市出身。

経歴[編集]

勝浦郡芝生村(現在の小松島市芝生町)の仙石鹿太郎の次男として生まれる[1]。幼名は茂之[2]

1913年大正2年)に農商務省水産講習所製造科(現在の東京海洋大学)を卒業し、1914年(大正3年)に森家へ養子に入り、8代目森六郎の長女・純と結婚。1931年昭和6年)に森六郎を襲名し家督を相続して9代目となった[2]

1932年(昭和7年)に日本人造藍販売株式会社の社長に就任。1942年(昭和17年)、第二次世界大戦中に徳島市長に就任。終戦直前の1945年(昭和20年)4月まで市長を務めた[2]

戦後、公職追放となった[3]1974年昭和49年)死去。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本の歴代市長 第3巻』p289
  2. ^ a b c 『徳島県歴史人物鑑』p321
  3. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛徳島市支部長翼賛体制協議会構成員」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年368頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 『徳島県歴史人物鑑』徳島新聞社、1994年。
  • 『日本の歴代市長 第3巻』 歴代知事編纂会、1985年。


公職
先代:
工藤隆治
Flag of Tokushima, Tokushima.svg 徳島市長
第16代:1942 - 1945
次代:
吉積文平