遠藤彰良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
遠藤彰良
えんどう あきよし
生年月日 (1955-10-27) 1955年10月27日(62歳)
出生地 徳島県名西郡石井町
出身校 青山学院大学法学部
前職 放送局社員(四国放送アナウンサー)
所属政党 無所属
公式サイト 遠藤彰良オフィシャルサイト

Flag of Tokushima, Tokushima.svg 第37代 徳島市長
当選回数 1回
在任期間 2016年4月18日 -
テンプレートを表示
えんどう あきよし
遠藤 彰良
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 徳島県名西郡石井町
国籍 日本
生年月日 (1955-10-27) 1955年10月27日(62歳)
最終学歴 青山学院大学法学部
職歴 四国放送アナウンス部
活動期間 1980年4月1日 - 2015年11月30日
出演番組・活動
過去 本文参照

遠藤 彰良(えんどう あきよし、1955年10月27日 - )は、日本政治家。第37代徳島市長四国放送の元男性アナウンサー。四国放送元アナウンス部長。

人物[編集]

徳島県名西郡石井町出身。徳島県立城北高等学校から青山学院大学法学部[1]へ進む。大学卒業後、1980年に四国放送へ入社。

大学在学中は落語研究会に所属、今でもその話し振りが評判となっている。青山学院大学落語研究会の後輩に讀賣テレビ放送(読売テレビ)情報スポーツ局情報番組センター次長の森武史がいる[2][3]。 入社したその年に『あんたがたいしょう』がスタート、同番組のパーソナリティとなり、2008年の番組終了まで出演。この一方で、朝ワイド『えんやこらワイド』のパーソナリティも1991年4月まで務め、若者リスナーと主婦を主としたリスナーを一緒に相手としていた。

月刊誌『ラジオパラダイス』のパーソナリティ人気投票では、最高で6位(1987年10月号、共演の佐藤旬子と同順位・同票数)になったことがある。佐藤旬子とともに、ダイドードリンコ阿波弁対応おしゃべり自動販売機の声を担当したことがある[4]

2015年11月30日付で四国放送を退職し、2016年3月27日執行の徳島市長選挙に立候補を表明[1][5]。徳島市長選挙では現職(第36代)市長の原秀樹らを下して初当選を果たす[6]

2016年4月18日付で徳島市長に就任し、同日市役所へ初登庁した[7]

アナウンサー時代の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • えんやこらワイド - 初代パーソナリティ。放送上のタイトルであった『あきよしのえんやこらワイド』を自身で命名。
  • あんたがたいしょう(1980年7月6日 - 2008年9月28日) - 入社1年目から番組終了まで、28年3ヶ月にわたってパーソナリティを担当。
  • ロッテ僕の作文・私の作文

脚注[編集]

  1. ^ a b “徳島市長選 元四国放送アナ、新人・遠藤氏が出馬意向 2人目”. 毎日新聞(徳島版). (2015年11月14日). http://mainichi.jp/articles/20151114/ddl/k36/010/521000c 
  2. ^ 読売テレビ朝生ワイド す・またん!&ZIP!(2016年3月28日放送)で森武史が『大学の先輩で昨日徳島市長に当選した。』と発言。
  3. ^ 森武史
  4. ^ おしゃべり機能|自販機の紹介|ダイドードリンコ、2013年1月29日閲覧。
  5. ^ “徳島市長選 遠藤氏、正式出馬表明 費用増の再開発に反対”. 毎日新聞(徳島版). (2015年11月21日). http://mainichi.jp/articles/20151121/ddl/k36/010/609000c 
  6. ^ “元四国放送アナウンサーの遠藤彰良氏、徳島市長選に初当選”. 産経新聞. (2016年3月27日). http://www.sankei.com/west/news/160327/wst1603270063-n1.html 2016年3月28日閲覧。 
  7. ^ “遠藤徳島市長が初登庁 再開発「白紙撤回以外ない」”. 日本経済新聞. (2016年4月19日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO99801120Y6A410C1LA0000/ 2016年4月20日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
原秀樹
Flag of Tokushima, Tokushima.svg 徳島市長
第37代:2016 -
次代: