入江操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
入江操

入江 操(いりえ みさお、1886年明治19年)1月 - 没年不詳)は、栃木県宇都宮市長東京市区長

経歴[編集]

栃木県河内郡雀宮村(現在の宇都宮市)出身[1]日本大学法律科に入り、のち政治科に転じた[1]1910年(明治43年)、内務省に入り、栃木県属、河内郡長、上都賀郡長、下都賀郡長を歴任した[1]1926年大正15年)に郡制が廃止された後は、政友本党政務調査主事、立憲民政党政務調査委員を経て、1930年(昭和5年)に新潟市助役に就任した[1]。さらに東京市に入り、荏原病院事務長、世田谷区長、荏原区長、城東区長、本郷区長を務めた[2]

1940年昭和15年)、宇都宮市長に選出された[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第14版』帝国秘密探偵社、1943年。 
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版』人事興信所、1941年。 
  • 『野州名鑑』下野新聞社、1931年。