熊本哲之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熊本 哲之
くまもと のりゆき
生年月日 1931年6月4日
出生地 日本の旗 広島県呉市
没年月日 (2018-05-02) 2018年5月2日(86歳没)
死没地 東京都世田谷区
出身校 中央大学法学部
前職 東京都議会議員
東京都世田谷区長
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 2003年 - 2011年

当選回数 6回
在任期間 1977年 - 1999年
テンプレートを表示

熊本 哲之(くまもと のりゆき、1931年6月4日 - 2018年5月2日)は、日本政治家東京都世田谷区長(2期)、東京都議会議長(第35代)、東京都議会議員(6期)を務めた。

概要[編集]

広島県呉市生まれ。中央大学法学部卒業。衆議院議員秘書を経て、1977年東京都議会議員選挙に立候補し、初当選。6期24年にわたって都議を務める。1988年、当時の鈴木俊一東京都知事の下で都庁舎新宿への移転が行われるにあたり設置された新都庁舎建設特別委員会の委員長に就任。1995年青島幸男都政下では地方分権推進特別委員長に就任し、2年後の1997年9月には東京都議会議長に就任(1999年7月まで)。

1999年、都議を任期途中で辞職し、世田谷区長選挙に自民党自由党推薦で立候補したが、現職の大場啓二に敗れた。2003年、再度世田谷区長選挙に自民党・保守新党推薦で立候補し、当選。2007年自民党・公明党推薦で再選。2011年の区長選に立候補せず、政界から引退した [1]

2011年、旭日中綬章受章[2]

2018年5月2日、肺炎のため、世田谷区内の病院で死去、86歳没[3]。叙従四位[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世田谷区長選7人出馬表明、自民都連と支部分裂”. 読売新聞 (2011年4月14日). 2011年4月14日閲覧。
  2. ^ 「2011年秋の叙勲 中綬章以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2011年11月3日朝刊
  3. ^ 熊本哲之さん 86歳=元都議会議長、元世田谷区長 /東京 - 毎日新聞 2018年5月8日
  4. ^ 「叙位・叙勲」『読売新聞』6月1日朝刊
議会
先代:
奥山則男
東京都議会議長
第35代:1995年 - 1997年
次代:
田中晃三