大場啓二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大場 啓二
おおば けいじ
生年月日 1923年2月10日
出生地 日本の旗 山形県最上郡舟形町
没年月日 (2011-09-01) 2011年9月1日(88歳没)
死没地 日本の旗 東京都世田谷区
出身校 日本大学法学部
前職 地方公務員
所属政党 無所属
称号 旭日中綬章
従四位

当選回数 7回
在任期間 1975年 - 2003年
テンプレートを表示

大場 啓二(おおば けいじ、1923年2月10日 - 2011年9月1日)は、日本政治家東京都世田谷区長(7期)、特別区長会会長を務めた。

人物[編集]

現在の山形県最上郡舟形町出身。1940年東京市経済局に入局。同局に在籍しながら日本大学法学部を卒業した。1943年世田谷区役所に配属され、農務係長、広報係長、区議会事務局長を歴任した。

1975年社会共産公明民社4党の推薦を受け、世田谷区長選挙に立候補。保守無所属で現職の佐野保房らを破り、初当選した。1979年の世田谷区長選挙では前回の非自民4党に加え、自民社民連新自由クラブ3党を加えた7党から推薦を受け、事実上のオール与党体制で再選。1995年特別区長会会長。1999年の区長選挙では政党の推薦や支援を得られなかったものの、自民・自由2党が推薦する元東京都議会議員の熊本哲之民主党が推薦する元区総務部長の清水潤三公認会計士税理士で元区議会議員の鈴木義浩、共産党が推薦する日本平和委員会代表理事の宇藤義隆を破り7選。2003年の区長選に立候補せず、政界から引退。同年、舟形町名誉町民名誉町民2004年、世田谷区名誉区民に選ばれ、秋の叙勲で旭日中綬章受章。

2011年9月1日肝臓癌のため世田谷区粕谷の自宅で死去、88歳没。死没日をもって従四位に叙される[1]

没後の2012年群馬県利根郡川場村の名誉村民に選ばれる。

著書[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』第5655号9頁 平成23年10月7日号

参考文献[編集]

関連項目[編集]