佐野保房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐野 保房(さの やすふさ、1899年3月25日[1] - 1980年12月12日)は東京都世田谷区長

来歴・人物[編集]

1969年撮影の佐野保房

山梨県(南巨摩郡身延町常葉竹之島)生まれ。中央大学法学部卒。1927年弁護士として活動を始めた。1932年世田谷区会議員、都議会議員、都選管委員長、笹塚館社長[1]、公明選挙連盟評議員、選挙制度調査会委員を経て[1]1959年から1975年まで世田谷区長。1966年から1968年まで特別区区長会会長も務めた。1980年12月12日肺梗塞のため81歳で死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本人事録 第6版』全国篇、415頁。

参考文献[編集]

  • 『日本人事録 第6版』全国篇、中央探偵社、1963年。