東京都保健医療公社荏原病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 東京都保健医療公社荏原病院
Ebara Hospital.JPG
情報
正式名称 公益財団法人東京都保健医療公社 荏原病院
英語名称 Ebara Hospital
前身 東京都立荏原病院
標榜診療科 内科、外科他17科
許可病床数

506床
一般病床:456床
精神病床:30床


感染症病床:20床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 公益財団法人東京都保健医療公社
管理者 久保田憲(院長)
所在地
145-0065
東京都大田区東雪谷四丁目5番10号
位置 北緯35度35分38秒 東経139度41分34秒 / 北緯35.59389度 東経139.69278度 / 35.59389; 139.69278座標: 北緯35度35分38秒 東経139度41分34秒 / 北緯35.59389度 東経139.69278度 / 35.59389; 139.69278
二次医療圏 区南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

東京都保健医療公社荏原病院(とうきょうとほけんいりょうこうしゃえばらびょういん)は、東京都大田区にある医療機関公益財団法人東京都保健医療公社が運営する病院である。旧東京都立荏原病院。同敷地内に東京都立荏原看護専門学校がある。 古くは避病院に起源を発する伝染病院であり、長年にわたって伝染病床(現在は感染症病床)を持つ病院として活動している。


概要[編集]

脳卒中急性期医療に取り組んでおり、体制を強化して2005年11月に「脳卒中専門病棟(Stroke Unit:SU)」を備えた「総合脳卒中センターComprehensive Stroke Center:CSC)」を開設。センターでは神経内科脳神経外科リハビリテーション科放射線科の各科医師を中心とし、専門看護スタッフ、専任ソーシャルワーカーなどによる医療チームを編成し脳卒中患者に対する高度専門医療を行っており、TIME LOST IS BRAIN LOST(米国脳卒中協会による啓発標語:時間が経つほど脳の機能は失われる)をモットーとしている。

通常の気圧より高い圧力環境のもとで酸素を吸入することで、血液中にたくさんの酸素を溶かし体内の酸素濃度を上昇させ様々な効果が得られる高気圧酸素治療室が設置されている。

中原街道沿い洗足池から1kmほど住宅街に入った閑静な場所にあり、院内庭には草木や花がある静かで心休まり、治療には良い環境の病院である。

2014年10月、西アフリカを中心に猛威を振るうエボラ出血熱の東京都内での受入先4ヶ所のうちの1つとなる、エボラ熱対策指定医療機関となった。感染や感染の疑いが生じた場合は、感染症法に基づき、患者診察した医療機関保健所に連絡し、東京消防庁に5台ある「専用車両」で、4カ所の指定医療機関に搬送する手順になっている。4カ所は都立墨東病院(東京都墨田区)、東京都立駒込病院(東京都文京区)、荏原病院(大田区)、国立国際医療研究センター(東京都新宿区)。[1]

2015年11月、がんの痛みや心の辛さをケアする「緩和ケア外来」開設。

沿革[編集]

この節は執筆の途中です この節は医療機関に関して執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めていますPJ医療機関)。
  • 明治30年3月 - 伝染病予防法が制定される。
  • 明治31年7月 - 世田ヶ谷村立隔離病舎設立(現在の世田谷区宮坂)
  • 昭和9年4月 - 現在地において診療開始
  • 昭和18年7月 - 都制施行に伴い、東京都立荏原病院と改称
  • 昭和33年9月 - 総合病院として発足
  • 昭和51年4月 - 高圧酸素治療開始
  • 昭和54年3月 - 高度安全病棟竣工(20床)
  • 昭和62年8月 - ラッサ熱患者を高度安全病棟に収容
  • 平成2年6月 - 改築のため休止(普通病床470床、精神30床、伝染69床)
  • 平成6年10月 - 第1次開設(普通200床、伝染40床)
  • 平成7年4月 - 第2次開設(普通330床、精神30床、伝染40床)
  • 平成8年4月 - 第3次開設(普通430床、精神30床、伝染40床)
  • 平成9年3月 - 前室付特殊伝染病室を病棟内に整備し、高度安全病棟休止
  • 平成11年2月 - 病院機能評価による認定
  • 平成11年4月 - 第1種及び第2種感染症指定医療機関として指定
  • 平成16年8月 - 病院機能評価による認定更新
  • 平成18年4月 - 財団法人東京都保健医療公社に運営移管
  • 平成19年10月 - 電子カルテ導入
  • 平成21年2月 - 病院機能評価による認定更新(Ver.5)
  • 平成21年10月 - 地域医療支援病院承認[2]
  • 平成24年10月 - エボラ熱対策指定医療機関となる。
  • 平成25年11月 - がんの痛みや心の辛さをケアする「緩和ケア外来」開設

診療科[編集]

センターチーム[編集]

  • 総合脳卒中センター(SU)
  • 高気圧酸素治療
  • 地域医療連携室
  • 認知症疾患医療センター
  • 臨床試験管理センター
  • 外来科学臨床室
  • NST(ニュートリションサポートチーム)[3]

医療機関の指定等[編集]

  • 保険医療機関
  • 救急告示医療機関
  • 休日・全夜間診療事業実施医療機関(内科系、小児科、外科系)
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 精神保健指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 指定養育医療機関(未熟児医療)
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • 第一種感染症指定医療機関
  • 第二種感染症指定医療機関
  • 公害医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 災害拠点病院
  • 臨床研修指定病院
  • エイズ治療拠点病院
  • エボラ熱対策指定医療機関

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

その他[編集]

1983年TBS系で放送された「ふぞろいの林檎たち」で同敷地内にある東京都立荏原看護専門学校(番組設定上の仮名は東京都立雪谷看護専門学校)の看護学生役の石原真理子手塚理美看護学生として実習するシーンの際に使用された病院であり(改築前の旧病院)、1985年、続編の「ふぞろいの林檎たちII」では新人看護婦として働く石原真理子、手塚理美が働くシーンが撮影された。[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]