落合慶四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
落合慶四郎

落合 慶四郎(おちあい けいしろう、1886年明治19年)4月16日[1] - 1965年昭和40年)3月12日[2])は、日本内務官僚徳島県知事東京市第一助役宇都宮市長、福井市長。

経歴[編集]

島根県出身。落合亀四郎の二男として生まれる。1910年日本大学大学部法律学科を卒業。1911年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1912年内務省に入り徳島県属となる。

以後、徳島県理事官鳥取県東伯郡長、山梨県理事官大分県警察部長、三重県警察部長、長野県警察部長、群馬県書記官・内務部長[3]秋田県書記官・内務部長[4]石川県書記官・内務部長[5]愛知県書記官・警察部長、神奈川県内務部長などを歴任。

1931年12月、徳島県知事に就任し、1933年6月まで在任。その後、東京市第一助役、宇都宮市長、福井市長を務めた。

1965年3月12日死去。享年78。

脚注[編集]

  1. ^ 永井誠吉著、サンケイ新聞編『長野県警百年の歴史』サンケイ新聞、1976年、199頁。
  2. ^ 参考文献『昭和物故人名録』。
  3. ^ 『官報』第3704号、大正13年12月25日。
  4. ^ 『官報』第115号、昭和2年5月20日。
  5. ^ 『官報』第4232号、大正15年10月1日。

参考文献[編集]


公職
先代:
富沢世一
Flag of Utsunomiya, Tochigi.svg 宇都宮市長
第14代:1936年 - 1940年
次代:
入江操