岩男三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩男三郎

岩男 三郎(いわお さぶろう、1851年6月8日嘉永4年5月9日[1] - 1909年明治42年)7月15日)は、幕末期の肥後熊本藩士維新後は官吏、各県知事などを歴任した。

経歴[編集]

熊本城坪井で、熊本藩士・岩男伝之允の三男として生まれる。藩校時習館で学ぶ。横井小楠の高弟で、幕末期には野々口為志鵜殿豊之進横井左平太横井忠平らと交わり、勝海舟神戸海軍操練所航海術を学び、長崎に遊学、熊本藩の洋学所管術となる。

維新後は福澤諭吉に師事して慶應義塾に入学[2]、卒業後の明治3年(1870年)、民部省監督権正となり東北に派遣される。山形県大参事となったが罷免される。明治5年(1872年)、熊本藩主細川護久の弟・長岡護美の従者としてアメリカに留学。

帰国後、1878年(明治11年)、司法省に入り東京裁判所詰となる。以後、同裁判所判事補、制度取調局御用掛などを歴任。1886年(明治19年)、三重県書記官に就任し、静岡県愛知県の各書記官を務めた。1896年(明治29年)、秋田県知事。のち福井県知事、宮崎県知事、徳島県知事を歴任。1908年7月27日、休職満期となり退官した[3]

1909年(明治42年)4月5日に錦鶏間祗候に任ぜられる[4]。晩年は横井小楠の顕彰を率先して行った。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献『日本の歴代知事』第3巻上、473頁。
  2. ^ 『慶應義塾入社帳 第1巻』50項、163項。
  3. ^ 『官報』第7528号、明治41年7月30日。
  4. ^ 『官報』第7730号、明治42年4月6日。
  5. ^ 『官報』第2550号「叙任及辞令」1891年12月28日。
  6. ^ 『官報』第4050号「叙任及辞令」1896年12月26日。
  7. ^ 『官報』第5800号「叙任及辞令」1902年11月1日。
  8. ^ 『官報』第7581号「叙任及辞令」1908年10月1日。
  9. ^ 『官報』第4196号「叙任及辞令」1897年6月29日。
  10. ^ 『官報』第4651号「叙任及辞令」1899年1月4日。
  11. ^ 『官報』第6148号「叙任及辞令」1903年12月28日。
  12. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。

参考文献[編集]