徳島県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗徳島県第1区
衆議院小選挙区 徳島県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 徳島市小松島市阿南市勝浦郡名東郡名西郡那賀郡海部郡
(2017年7月16日現在)
比例区 四国ブロック
設置年 1994年2002年2013年区割変更)
選出議員 後藤田正純
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
375,588人
1.61 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

徳島県第1区(とくしまけんだい1く)は、日本衆議院における選挙区1994年公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2002年に一部区割りの見直しが行われ、2013年には第3区の廃止に伴い、区割が大きく見直しされた。2013年の区割変更前は以下の区域であった。※旧区域(2)

  • 徳島市、名東郡

2002年の区割変更前の区域は以下の通りであった。※旧区域(1)

歴史[編集]

仙谷由人小選挙区制最初の選挙で国政に復帰して以来、知名度を生かして選挙区の議席を守り続けていた。第41回~第44回においては保守王国の多い四国の小選挙区で唯一民主党が獲得した選挙区である。自民党は岡本芳郎七条明コスタリカ方式で交互に立候補したが、選挙区では敗れる状態が続いており(第44回では七条は郵政民営化に反対した山口俊一への刺客として2区から立候補し比例復活)、第45回は連続で岡本が立候補したが比例復活もできなかった。しかし第46回では新人の福山守が約2万票差をつけて選挙区で当選し、仙谷は比例復活もできずに落選。民主党の大敗の象徴としてマスコミから大きく取り上げられた。

第47回は県内定数減に伴い、旧1区に美馬市南部・吉野川市美馬郡を除く旧3区が吸収された新選挙区で争われた。福山が比例単独に回り、仙谷は不出馬となったため、旧3区の後藤田対仁木の対決がそのまま持ち込まれた形となったが(共産・古田は旧1区から移行し連続出馬)、後藤田が旧3区から連続当選となった。48回でも後藤田が再選。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年平成8年) 仙谷由人 民主党 旧区域(1)
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 仙谷由人 民主党 旧区域(1)
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 仙谷由人 民主党 旧区域(2)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 仙谷由人 民主党 旧区域(2)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 仙谷由人 民主党 旧区域(2)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 福山守 自由民主党 旧区域(2)
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 後藤田正純 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 後藤田正純 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 徳島県第1区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:372,695人 最終投票率:47.98%(前回比:-0.96ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
後藤田正純 48 自由民主党 90,281票
51.5%
―― 公明党推薦
仁木博文 51 希望の党 69,442票
39.6%
76.9%
山本千代子 68 日本共産党 15,622票
8.9%
17.3%
第47回衆議院議員総選挙 徳島県第1区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:人 最終投票率:48.94%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
後藤田正純 45 自由民主党 92,166票
52.0%
―― 公明党推薦
仁木博文 48 民主党 69,188票
39.1%
75.1%
古田元則 66 日本共産党 15,776票
8.9%
17.1%
第46回衆議院議員総選挙 徳島県第1区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
福山守 59 自由民主党 59,231票
53.2%
―― 公明党
仙谷由人 66 民主党 39,402票
35.4%
66.5% 国民新党
古田元則 64 日本共産党 12,724票
11.4%
21.5%
第45回衆議院議員総選挙 徳島県第1区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
仙谷由人 63 民主党 76,764票
56.2%
――
岡本芳郎 65 自由民主党 39,780票
29.1%
51.8%
岡佑樹 32 無所属 10,275票
7.5%
13.4% ×
古田元則 61 日本共産党 8,313票
6.1%
10.8%
近藤彰 27 幸福実現党 1,395票
1.0%
1.8%
第44回衆議院議員総選挙 徳島県第1区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
仙谷由人 59 民主党 68,026票
51.3%
――
比当 岡本芳郎 61 自由民主党 54,843票
41.3%
80.6%
上村秀明 46 日本共産党 9,769票
7.4%
14.4%
第43回衆議院議員総選挙 徳島県第1区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
仙谷由人 57 民主党 60,917票
53.0%
――
比当 七条明 52 自由民主党 44,892票
39.0%
73.7%
山本千代子 54 日本共産党 9,164票
8.0%
15.0%
  • 岡本は比例四国ブロック単独で立候補し当選。七条は41回は比例四国ブロック単独立候補で落選後繰り上げ当選、42回は比例四国ブロック単独立候補で当選。
第42回衆議院議員総選挙 徳島県第1区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
仙谷由人 54 民主党 60,945票
47.3%
――
岡本芳郎 56 自由民主党 41,628票
32.3%
68.3%
上村秀明 41 日本共産党 14,164票
11.0%
23.2%
太田宏美 56 無所属 12,068票
9.4%
19.8% ×
第41回衆議院議員総選挙 徳島県第1区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
仙谷由人 50 民主党 47,057票
37.7%
――
三木俊治 64 自由民主党 41,133票
33.0%
87.4%
太田宏美 53 新進党 23,684票
19.0%
50.3%
上村秀明 53 日本共産党 11,092票
8.9%
23.6%
金丸昌弘 30 無所属 1,739票
1.4%
3.7% ×

関連項目[編集]

外部リンク[編集]