岡山県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗岡山県第2区
岡山県衆議院小選挙区区分図.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 岡山市北区(中原、祇園、後楽園、牟佐)・中区東区(旧瀬戸町域を除く)・南区児島地域及び旧灘崎町域)、玉野市瀬戸内市
(2017年7月16日現在)
比例区 中国ブロック
設置年 1994年
選出議員 山下貴司
有権者数 28万9846人
1.253 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

岡山県第2区(おかやまけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2][3]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]

  • 岡山市(1区に属しない区域)
    • 本庁管内の一部
      • 赤坂台、赤坂本町、赤坂南新町、飽浦、赤田、阿津、網浜、今在家、今谷、江崎、江並、沖元、奥市、乙多見、御成町、雄町、門田文化町1〜3丁目、門田本町1〜4丁目、門田屋敷1〜5丁目、門田屋敷本町、兼基、北浦、旭東町1〜3丁目、祇園、国富、国富1〜4丁目、倉田、倉富、倉益、桑野、神下、後楽園、郡、国府市場、小串、小橋町1・2丁目、穝東町1・2丁目さくら住座桜橋1〜4丁目、沢田、四御神、清水、清水1・2丁目、下、賞田、新京橋1〜3丁目、新築港、住吉町1・2丁目、関、高島1・2丁目、高島新屋敷、高屋、竹田、中納言町、土田、徳吉町1・2丁目、中井、中島、中原、長岡、長利、西川原、西川原1丁目、西中島町、浜、浜1〜3丁目、原尾島、原尾島1〜4丁目、東川原、東中島町、東山1〜4丁目、平井、平井1〜7丁目、福泊、藤崎、藤原、藤原西町1・2丁目、藤原光町1〜3丁目、古京町1・2丁目、円山、湊、宮浦、御幸町、海吉、牟佐、森下町、八幡、八幡東町、山崎、湯迫、米田[5]
    • 西大寺上道の各支所管内
  • 玉野市
  • 邑久郡
  • 児島郡

歴史[編集]

2005年第44回衆議院議員総選挙では、前職の熊代昭彦郵政民営化法案に反対票を投じたため自由民主党の公認を得られず、友人の萩原誠司岡山市長(当時)が自民党公認候補として出馬したため立候補を断念した。熊代は入れ替わりに岡山市長選に立候補したが、落選。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、小選挙区当選を目指した萩原、無所属で返り咲きを目指した熊代が共に立候補したが共倒れ、民主・津村が続けて議席を確保した。 2012年第46回衆議院議員総選挙では民主党へ猛烈な逆風が吹き、自民党公認の新人の山下貴司が当選して9年ぶりに自民党が選挙区を奪回、津村は比例復活に回った。以降も山下が当選し、津村が比例復活を続けていたが、2021年第49回衆議院議員総選挙では西日本で立憲民主党の支持が広がらなかった影響で津村は比例復活もならず落選した。

岡山市内でも新興住宅地などが多く、1区と比較しても無党派層が目立つ地域である。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 熊代昭彦 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年 津村啓介 民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年 山下貴司 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 岡山県第2区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:28万9071人 最終投票率:50.42%(前回比:増加0.58%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山下貴司56自由民主党80,903票
56.39%
――公明党推薦
津村啓介50立憲民主党62,555票
43.61%
77.32%社会民主党岡山県連合推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 岡山県第2区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:29万3094人 最終投票率:49.84%(前回比:減少1.42%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山下貴司52自由民主党73,150票
51.14%
――公明党推薦
比当津村啓介45希望の党54,591票
38.16%
74.63%
垣内京美51日本共産党13,518票
9.45%
18.48%
田部雄治41幸福実現党1,793票
1.25%
2.45%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 岡山県第2区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:28万7815人 最終投票率:51.26% (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山下貴司49自由民主党71,436票
49.59%
――公明党推薦
比当津村啓介43民主党56,951票
39.54%
79.72%
井上素子67日本共産党15,652票
10.87%
21.91%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 岡山県第2区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山下貴司47自由民主党82,061票
52.80%
――
比当津村啓介41民主党57,573票
37.04%
70.16%国民新党推薦
井上素子65日本共産党15,789票
10.16%
19.24%

2013年3月26日広島高等裁判所岡山支部は、第46回衆議院議員総選挙の区割りについて、1票の格差が最大2.43倍となり法の下の平等を定めた日本国憲法第14条に反するとして、岡山2区の選挙を違憲で無効とする判決を出した(無効の効力は判決確定後に限定)。被告の岡山県選挙管理委員会が上告した場合、最高裁判決が出るまで無効判決は確定しない[6][7]。その後同年11月20日に最高裁は同選挙を違憲状態としながらも選挙自体は有効という判決を下したため当選無効は免れた。

第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 岡山県第2区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:{{{有権者}}}人 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
津村啓介37民主党102,525票
52.89%
――
萩原誠司53自由民主党64,349票
33.19%
62.76%
熊代昭彦69無所属19,577票
10.10%
19.09%×
赤松和隆42国民新党6,026票
3.11%
5.88%
戸板道広49幸福実現党1,384票
0.71%
1.35%
  • 熊代は2011年岡山市議会議員選挙(中区)に立候補し、当選。
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 岡山県第2区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
津村啓介33民主党88,277票
46.88%
――
比当萩原誠司49自由民主党86,035票
45.69%
97.46%
尾崎宏子48日本共産党13,999票
7.43%
15.86%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 岡山県第2区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
熊代昭彦63自由民主党78,643票
48.49%
――
比当津村啓介32民主党69,190票
42.66%
87.98%
尾崎宏子47日本共産党14,357票
8.85%
18.26%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 岡山県第2区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
熊代昭彦60自由民主党85,514票
51.30%
――
中桐伸五57民主党50,187票
30.11%
58.69%
尾崎宏子43日本共産党20,500票
12.30%
23.97%
松本安正70社会民主党10,477票
6.29%
12.25%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 岡山県第2区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
熊代昭彦56自由民主党88,569票
54.82%
――
比当中桐伸五53民主党51,551票
31.91%
58.20%
尾崎宏子40日本共産党21,431票
13.27%
24.20%

脚注[編集]

関連項目[編集]