埼玉県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗埼玉県第1区
衆議院小選挙区 埼玉県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 さいたま市見沼区5区に属しない地域)・浦和区緑区岩槻区
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年2002年2017年区割変更)
選出議員 村井英樹
有権者数 449,916人
1.88 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

埼玉県第1区(さいたまけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2002年以前は旧浦和市蕨市が選挙区だったが、このうち、旧浦和市から後のさいたま市桜区南区になる地域と蕨市が新設の15区に分区となり、5区より旧大宮市から後のさいたま市見沼区になる地域と、13区から当時の岩槻市(岩槻市のさいたま市との合併は2005年)を編入する形の改正が行われ、2003年の衆議院議員総選挙で初めて実施された。2017年に見沼区の一部の地域を5区へ編入する形の改正が行われた。

歴史[編集]

文部大臣、通商産業大臣、大蔵大臣を歴任した自民党の松永光の強固な地盤であったが、2000年の第42回で、民主党の武正公一が松永を破って初当選した。その後、2002年に区割りの変更により松永が新設の15区に転じたため、自民党の候補者がいない自民空白区となった。そのため、民主党から保守新党に移籍した金子善次郎が5区より転じて、連立与党統一候補として武正に戦いを挑み、第43回・第44回(自民党に所属)と戦うものの、敗北した。2005年の第44回衆議院議員選挙では金子は比例復活したが、2009年の第45回では再び落選し政界を一旦引退した(金子は、2013年の第23回参議院議員通常選挙で、自民党公認で比例代表に立候補し落選)。これを受けて自民党埼玉県連は、候補者公募で選ばれた村井英樹を擁立。2012年の第46回で武正を破って初当選し、自民党が議席を奪還した(2002年の区割りの変更後で初の議席獲得。武正は比例復活)。2014年の第47回でも村井が議席を守り、武正は再び比例復活したが、2017年の第48回では三たび村井が勝利し、希望の党に移った武正は初めて比例復活もならず落選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 松永光 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 武正公一 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 武正公一 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 武正公一 民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 武正公一 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 村井英樹 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 村井英樹 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 村井英樹 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 埼玉県第1区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:449,270人 最終投票率:51.85%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
村井英樹37自由民主党106,699票
46.9%
――公明党
武正公一56希望の党75,716票
33.3%
71.0%
鳥羽恵58日本共産党33,593票
14.8%
31.5%
小檜山清人60日本維新の会11,577票
5.1%
10.9%
第47回衆議院議員総選挙 埼玉県第1区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
村井英樹34自由民主党105,760票
46.9%
――公明党
比当武正公一53民主党82,857票
36.8%
78.3%
松村敏夫40日本共産党28,259票
12.5%
26.7%
松本翔29社会民主党8,492票
3.8%
8.0%
第46回衆議院議員総選挙 埼玉県第1区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
村井英樹32自由民主党96,242票
39.7%
――公明党
比当武正公一51民主党76,583票
31.6%
79.6%国民新党
日色隆善47みんなの党42,451票
17.5%
44.1%日本維新の会
青柳伸二65日本共産党18,503票
7.6%
19.2%
川上康正48社会民主党8,396票
3.5%
8.7%
第45回衆議院議員総選挙 埼玉県第1区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武正公一48民主党163,973票
60.9%
――
金子善次郎65自由民主党77,988票
29.0%
47.6%公明党
伊藤岳49日本共産党23,623票
8.8%
14.4%
内海浩唯48幸福実現党3,615票
1.3%
2.2%
第44回衆議院議員総選挙 埼玉県第1区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武正公一44民主党115,262票
44.2%
――
比当金子善次郎61自由民主党112,340票
43.1%
97.5%
伊藤岳45日本共産党19,319票
7.4%
16.8%
池田万佐代46社会民主党13,869票
5.3%
12.0%
第43回衆議院議員総選挙 埼玉県第1区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武正公一42民主党117,587票
56.3%
――
金子善次郎60保守新党59,910票
28.7%
50.9%
伊藤岳43日本共産党16,257票
7.8%
13.8%
天辰武夫58社会民主党8,960票
4.3%
7.6%
山口節生54ニューディールの会6,237票
3.0%
5.3%
第42回衆議院議員総選挙 埼玉県第1区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武正公一39民主党105,783票
42.7%
――
松永光71自由民主党87,358票
35.2%
82.6%
吉野良司67日本共産党34,973票
14.1%
33.1%
天辰武夫55社会民主党19,887票
8.0%
18.8%
第41回衆議院議員総選挙 埼玉県第1区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松永光67自由民主党85,109票
39.0%
――
浜田卓二郎55新進党79,930票
36.6%
93.9%
富樫練三53日本共産党46,243票
21.2%
54.3%
中郡聡39自由連合7,177票
3.3%
8.4%

関連項目[編集]