茨城県第7区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗茨城県第7区
衆議院小選挙区 茨城県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 古河市結城市下妻市(旧千代川村域)、常総市坂東市結城郡猿島郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 永岡桂子
有権者数 30万4225人
1.315 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

茨城県第7区(いばらきけんだい7く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年)公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

1994年平成6年)公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

歴史[編集]

選挙区は県の西端、結城・猿島地方全域。中選挙区旧茨城3区の時代から、強固な地盤を築いていた無所属中村喜四郎が、強い結束力を持つ中村の後援会組織「喜友会」を持ち、当選し続けた。

中村は自民党離党後、2000年第42回衆議院議員総選挙まで2度、無所属で当選したが、2003年最高裁が中村側の上告棄却し、懲役1年6ヶ月、追徴金5000万円の実刑判決が確定したため失職、黒羽刑務所収監された。補欠選挙では自民党の永岡洋治が当選したが、永岡は2005年郵政民営化法案に賛成票を投じた後、自殺した。

同年の第44回衆議院議員総選挙は、既に刑務所を出所していた中村、永岡の妻である永岡桂子ら4人で争われ、中村が当選。永岡桂子は比例復活で初当選した。以来、2017年の第48回まで中村当選、永岡比例復活の構図が続いていた。

2019年には中村が野党第一党である立憲民主党に入党。その後2021年の第49回衆議院議員総選挙では初めて自民党の永岡桂子が小選挙区での当選を果たし、「無敗の男」と言われていた[4]中村は自身15回目の選挙にして初の選挙区落選となった(比例北関東ブロックで復活当選)。

なお、2017年の第48回以前は自公連立を構成している公明党は自民党への推薦を行っている他区と異なり、自民候補の永岡でなく中村への推薦書を出していた(第49回は中村の立憲民主党入党に伴い逆に永岡を推薦)。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 中村喜四郎 無所属
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第42回衆議院議員補欠選挙 2003年 永岡洋治 自由民主党 ※中村喜四郎の実刑判決確定による議員失職に伴う。
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年 中村喜四郎 無所属
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年 永岡桂子 自由民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 茨城県第7区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:30万3353人 最終投票率:53.71%(前回比:増加1.49%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
永岡桂子67自由民主党74,362票
46.51%
――公明党推薦
比当中村喜四郎72立憲民主党70,843票
44.31%
95.27%
水梨伸晃42日本維新の会14,683票
9.18%
19.75%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 茨城県第7区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:31万1660人 最終投票率:52.22%(前回比:減少5.30%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中村喜四郎68無所属77,719票
48.99%
――公明党推薦×
比当永岡桂子63自由民主党62,617票
39.47%
80.57%
石嶋巌63日本共産党18,308票
11.54%
23.56%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 茨城県第7区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:30万9577人 最終投票率:57.52% (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中村喜四郎65無所属88,393票
51.12%
――公明党推薦×
比当永岡桂子61自由民主党65,638票
37.96%
74.26%
白畑勇62日本共産党18,883票
10.92%
21.36%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 茨城県第7区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:31万2416人 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中村喜四郎63無所属81,157票
42.69%
――公明党推薦×
比当永岡桂子59自由民主党59,605票
31.35%
73.44%
筒井洋介33日本維新の会23,344票
12.28%
28.76%
柳田和己62民主党18,983票
9.98%
23.39%国民新党推薦
白畑勇60日本共産党7,034票
3.70%
8.67%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 茨城県第7区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:31万4798人 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中村喜四郎60無所属78,999票
36.99%
――×
比当柳田和己59民主党67,331票
31.53%
85.23%
比当永岡桂子55自由民主党64,180票
30.05%
81.24%
杉浦昭60幸福実現党3,062票
1.43%
3.88%
  • 中村は選挙後の10月に改革クラブへ入党したが、2010年4月に離党し再び無所属になった。しかし、会派に関しては、改革クラブは自民党と会派を組んでいたので、その流れのままで「自由民主党・無所属の会」に所属した。
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 茨城県第7区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:31万2524人 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中村喜四郎56無所属89,099票
42.14%
――×
比当永岡桂子51自由民主党81,230票
38.42%
91.17%
五十嵐弘子61民主党33,266票
15.73%
37.34%
稲葉修敏43日本共産党7,854票
3.71%
8.81%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 茨城県第7区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:31万3913人 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
永岡洋治52自由民主党97,642票
64.18%
――
五十嵐弘子59民主党44,543票
29.28%
45.62%
田谷武夫52日本共産党9,942票
6.54%
10.18%
第42回衆議院議員補欠選挙 茨城県第7区

当日有権者数:313,340人 最終投票率:53.80%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
永岡洋治52自由民主党 70,251票
42.95%
吉原英一54無所属51,798票
31.67%
加藤真砂子54自由党34,608票
21.16%
稲葉修敏41日本共産党6,890票
4.21%
  • 吉原は2009年、坂東市長選挙に当選。
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 茨城県第7区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中村喜四郎51無所属88,095票
44.15%
――×
田中勝也47無所属51,824票
25.97%
58.83%×
永岡洋治49無所属36,307票
18.19%
41.21%×
野村五男58自由党12,749票
6.39%
14.47%
稲葉修敏38日本共産党10,579票
5.30%
12.01%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 茨城県第7区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中村喜四郎47無所属100,175票
53.64%
――×
田中勝也43新進党72,208票
38.66%
72.08%
小島修34日本共産党12,032票
6.44%
12.01%
前川紀昭55自由連合2,348票
1.26%
2.34%
  • 永岡洋治は3区から新進党公認で立候補、落選

脚注[編集]

関連項目[編集]