熊本県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗熊本県第1区
衆議院小選挙区 熊本県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 熊本市中央区東区北区
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 木原稔
有権者数 42万2436人
1.826 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

熊本県第1区(くまもとけんだい1く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2017年の区割り変更により熊本市西区の一部が2区に移動され、中央区の一部は2区から、北区の旧植木町域は3区から本区へ移行された。

2017年以前の区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

2002年平成14年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]

  • 熊本市
    • 細工町1〜5丁目、小沢町、板屋町、西唐人町、魚屋町1〜3丁目、川端町、西阿弥陀寺町、古大工町、呉服町1〜3丁目、万町1・2丁目、米屋町1〜3丁目、中唐人町、古桶屋町、紺屋阿弥陀寺町、東阿弥陀寺町、鍛冶屋町、紺屋町1〜3丁目、船場町下1丁目、船場町2・3丁目、横紺屋町、古川町、河原町、上鍛冶屋町、松原町、慶徳堀町、山崎町、練兵町、通町、新鍛冶屋町、新町1〜4丁目、内坪井町、坪井1〜6丁目、本丸、二の丸、古京町、古城町、千葉城町、宮内、妙体寺町、薬園町、京町1・2丁目、京町本丁、出町、西子飼町、東子飼町、井川淵町、北千反畑町、南千反畑町、南坪井町、上林町、草葉町、城東町、上通町、水道町、手取本町、安政町、中央街、花畑町、下通1・2丁目、桜町、辛島町、新市街、紺屋今町、黒髪町大字坪井、新屋敷1〜3丁目、大江1〜6丁目、画図町大字上無田、画図町大字下無田、画図町大字所島、画図町大字下江津、画図町大字重富、健軍町、新大江1〜3丁目、大江本町、白山1〜3丁目、岡田町、菅原町、九品寺1〜6丁目、清水町大字松崎、清水町大字麻生田、清水町大字室園、清水町大字兎谷、清水町大字楡木、清水町大字新地、清水町大字打越、秋津町沼山津、秋津町秋田、秋津新町、昭和町、保田窪本町、栄町、南町、東本町、龍田町弓削、西原1〜3丁目、壺川1・2丁目、上熊本1〜3丁目、段山本町、楠1〜8丁目、東野1〜4丁目、水前寺1〜6丁目、水前寺公園、神水1・2丁目、上京塚町、京塚本町、小山町、戸島町、長嶺町、平山町、鹿帰瀬町、弓削町、石原町、中江町、吉原町、上南部町、子飼本町、室園町、黒髪1〜8丁目、上水前寺1・2丁目、国府1〜4丁目、国府本町、出水1〜8丁目、江津1・2丁目、武蔵ヶ丘1〜9丁目、神水本町、湖東1〜3丁目、新生1・2丁目、水源1・2丁目、広木町、若葉1〜6丁目、花立1〜6丁目、沼山津1〜4丁目、稗田町、津浦町、池田1〜4丁目、池亀町、島崎1丁目、尾ノ上1〜4丁目、錦ヶ丘、健軍1〜5丁目、清水本町、清水亀井町、清水東町、八景水谷1〜4丁目、帯山1〜9丁目、保田窪1〜5丁目、桜木1〜6丁目、渡鹿1〜9丁目、健軍本町、打越町、高平1〜3丁目、秋津1〜3丁目、鹿子木町、楠野町、明徳町、小糸山町、改寄町、大鳥居町、梶尾町、鶴羽田町、飛田町、四方寄町、西梶尾町、徳王町、釜尾町、貢町、和泉町、立福寺町、太郎迫町、万楽寺町、北迫町、硯川町、下硯川町、東町1〜4丁目、山ノ神1・2丁目、榎町、佐土原1〜3丁目、新南部1〜6丁目、下南部1〜3丁目、御領1〜8丁目、八反田1〜3丁目、東京塚町、三郎1・2丁目、新外1〜4丁目、月出1〜8丁目、清水万石1〜5丁目、乗越ヶ丘、小峯1〜4丁目、山ノ内1〜4丁目、大窪1〜5丁目、山室1〜6丁目、長嶺西1〜3丁目、長嶺東1〜8丁目、長嶺南1〜8丁目、飛田1〜4丁目、龍田陳内1〜4丁目、龍田1〜9丁目、楡木1〜3丁目、麻生田1・2丁目、兎谷1〜3丁目、上南部1〜4丁目、龍田弓削1・2丁目

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[5]

  • 熊本市
    • 細工町1〜5丁目、小沢町、板屋町、西唐人町、魚屋町1〜3丁目、川端町、西阿弥陀寺町、古大工町、呉服町1〜3丁目、万町1・2丁目、米屋町1〜3丁目、中唐人町、古桶屋町、紺屋阿弥陀寺町、東阿弥陀寺町、鍛冶屋町、紺屋町1〜3丁目、船場町下1丁目、船場町2・3丁目、横紺屋町、古川町、河原町、上鍛冶屋町、松原町、慶徳堀町、山崎町、練兵町、通町、新鍛冶屋町、新町1〜4丁目、内坪井町、坪井1〜6丁目、本丸、二の丸、古京町、古城町、千葉城町、宮内、妙体寺町、薬園町、京町1・2丁目、京町本丁、出町、西子飼町、東子飼町、井川淵町、北千反畑町、南千反畑町、南坪井町、上林町、草葉町、城東町、上通町、水道町、手取本町、安政町、中央街、花畑町、下通1・2丁目、桜町、辛島町、新市街、紺屋今町、黒髪町大字坪井、新屋敷1〜3丁目、大江1〜6丁目、画図町大字上無田、画図町大字下無田、画図町大字所島、画図町大字下江津、画図町大字重富、健軍町、新大江1〜3丁目、大江本町、白山1〜3丁目、岡田町、菅原町、九品寺1〜6丁目、清水町大字松崎、清水町大字亀井、清水町大字万石、清水町大字麻生田、清水町大字室園、清水町大字兎谷、清水町大字楡木、清水町大字新地、清水町大字山室、清水町大字打越、清水町大字大窪、秋津町沼山津、秋津町秋田、秋津新町、昭和町、保田窪本町、栄町、南町、東本町、龍田町弓削、龍田町上立田、龍田町陳内、西原1〜3丁目、壺川1・2丁目、上熊本1〜3丁目、段山本町、楠1〜8丁目、東野1〜4丁目、水前寺1〜6丁目、水前寺公園、神水1・2丁目、上京塚町、京塚本町、小山町、戸島町、長嶺町、御領町、平山町、鹿帰瀬町、弓削町、石原町、中江町、吉原町、上南部町、下南部町、子飼本町、室園町、黒髪1〜8丁目、上水前寺1・2丁目、国府1〜4丁目、国府本町、出水1〜8丁目、江津1・2丁目、武蔵ヶ丘1〜9丁目、神水本町、湖東1〜3丁目、新生1・2丁目、水源1・2丁目、広木町、若葉1〜6丁目、花立1〜6丁目、沼山津1〜4丁目、稗田町、津浦町、池田1〜4丁目、池亀町、島崎1丁目、尾ノ上1〜4丁目、錦ヶ丘、健軍1〜5丁目、清水本町、清水亀井町、清水東町、八景水谷1〜3丁目、帯山1〜7丁目、保田窪1〜5丁目、桜木1〜6丁目、渡鹿1〜9丁目、健軍本町、打越町、高平1〜3丁目、秋津1〜3丁目、鹿子木町、楠野町、明徳町、小糸山町、改寄町、大鳥居町、梶尾町、鶴羽田町、飛田町、四方寄町、西梶尾町、徳王町、釜尾町、貢町、和泉町、立福寺町、太郎迫町、万楽寺町、北迫町、硯川町、下硯川町、東町1〜4丁目、山ノ神1・2丁目、榎町、佐土原1〜3丁目、新南部1〜6丁目、下南部1〜3丁目、御領1丁目、八反田1・2丁目、東京塚町、三郎1・2丁目、新外1丁目、月出1・2丁目、清水万石1〜5丁目、乗越ヶ丘

歴史[編集]

熊本市有権者の7割近くを占め、県内でも最も都市化が進んだ地域である。全体に保守的な有権者が多い地域であるが、都市化に伴い、無党派層も増加してきた。

小選挙区制移行初の1996年の第41回総選挙では、前回の総選挙で旧熊本1区で衆議院議員へ鞍替え当選し、その後内閣総理大臣を務めた細川護煕新進党の公認を得て、自由民主党の公認を得た熊本県議会議員であった岩下栄一らに快勝した。

その後、細川は民主党へ合流直後に議員を辞職。これに伴い行われた補欠選挙では、元自由民主党衆議院議員で「黒マント」の異名をとった松野頼三の長男・松野頼久が細川の後継となり補欠選挙に臨んだが、岩下に敗れた。

2000年の第42回総選挙では、松野が岩下を破り、初当選。その後、連続して小選挙区で勝利を収め、安定した地盤を築いてきた。

2005年の第44回総選挙でも、民主党への逆風下の中で、岩下に代わり自民党の公認候補となった木原稔を接戦の末に下した。なお、木原は重複立候補していた比例九州ブロックで復活当選し、初めて議席を獲得している。

2012年の第46回総選挙では、全国的な民主党に対する強い逆風が吹く中、松野は民主党を除籍され日本維新の会へ移籍、同党の公認候補として選挙戦に臨んだ。これに対し民主党は、2003年の第43回総選挙で熊本3区から同党の公認候補として立候補した池崎一郎を擁立するなど分裂状態となり、前回の選挙で議席を失っていた木原が小選挙区で初めて勝利した。なお、松野は重複立候補していた比例九州ブロックで復活当選し、辛うじて議席を確保した。

2014年の第47回総選挙では、木原と維新の党へ移った松野らとの争いとなり、民主党は候補を擁立しなかったこともあり、松野は前回の票から若干上乗せしたが木原に届かず、再び比例復活での当選となった。なお、松野は2016年に発足した民進党へ合流している。

2017年の第48回総選挙では、共産党が候補擁立を見送り、木原と希望の党へ移った松野の一騎打ちとなった。希望の党が伸び悩んだこともあり、木原が松野に比例復活も許さず当選した。

2021年の第49回総選挙も木原が四選を果たした。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 細川護煕 新進党
第41回衆議院議員補欠選挙 1998年(平成10年) 岩下栄一 自由民主党 細川の議員辞職に伴う。
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 松野頼久 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 木原稔 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年)

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 熊本県第1区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:42万1038人 最終投票率:52.91%(前回比:減少1.6%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木原稔52自由民主党131,371票
61.04%
――
濱田大造51立憲民主党83,842票
38.96%
63.82%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 熊本県第1区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:42万1257人 最終投票率:54.51%(前回比:増加5.98%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木原稔48自由民主党123,431票
56.15%
――
松野頼久57希望の党96,374票
43.85%
78.08%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 熊本県第1区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:37万2104人 最終投票率:48.53%(前回比:減少8.51%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木原稔45自由民主党87,111票
49.68%
――
比当松野頼久54維新の党73,274票
41.79%
84.12%
高本征尚29日本共産党14,947票
8.52%
17.16%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 熊本県第1区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:57.04% (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木原稔43自由民主党94,368票
46.42%
――
比当松野頼久52日本維新の会66,195票
32.56%
70.15%
池崎一郎60民主党28,229票
13.89%
29.91%
山部洋史46日本共産党12,012票
5.91%
12.73%
倉田千代喜62無所属2,472票
1.22%
2.62%×
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 熊本県第1区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松野頼久48民主党137,048票
55.42%
――
木原稔40自由民主党97,585票
39.47%
71.20%
上野哲夫55日本共産党9,729票
3.93%
7.10%
守田隆志59幸福実現党2,907票
1.18%
2.12%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 熊本県第1区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松野頼久44民主党112,500票
47.94%
――
比当木原稔36自由民主党110,072票
46.90%
97.84%
那須円30日本共産党12,110票
5.16%
10.76%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 熊本県第1区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松野頼久43民主党111,205票
54.22%
――
岩下栄一57自由民主党80,111票
39.06%
72.04%
西川悦子49日本共産党13,769票
6.71%
12.38%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 熊本県第1区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松野頼久39民主党92,161票
46.08%
――
岩下栄一53自由民主党86,817票
43.41%
94.20%
川上紗智子42日本共産党21,026票
10.51%
22.81%
第41回衆議院議員補欠選挙 熊本県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
岩下栄一51自由民主党 67,620票
42.34%
松野頼久37民主党57,605票
36.07%
川上紗智子40日本共産党23,240票
14.55%
丸山澄男63社会民主党11,225票
7.03%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 熊本県第1区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
細川護煕58新進党85,682票
44.39%
――
岩下栄一50自由民主党49,106票
25.44%
57.31%
田中昭一63民主党27,024票
14.00%
31.54%
野田将晴51無所属15,034票
7.79%
17.55%×
川上紗智子38日本共産党14,569票
7.55%
17.00%
園田浩幹54自由連合1,601票
0.83%
1.87%

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第193回国会 制定法律の一覧 >衆議院議員選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第五十八号(平二九・六・一六)”. 衆議院 (平成29-06-16). 2021年10月3日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 熊本県”. 総務省. 2021年10月3日閲覧。
  3. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年10月3日閲覧。地名は2013年(平成25年)当時のものである。
  4. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第154回国会 制定法律の一覧 >公職選挙法の一部を改正する法律 法律第九十五号(平一四・七・三一)”. 衆議院 (平成14-07-31). 2021年10月3日閲覧。地名は2002年(平成14年)当時のものである。
  5. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月3日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。

関連項目[編集]