北海道第10区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗北海道第10区
衆議院小選挙区 北海道2.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 夕張市岩見沢市美唄市芦別市赤平市三笠市滝川市砂川市歌志内市深川市留萌市空知総合振興局管内、留萌振興局管内
(2017年7月16日現在)
比例区 北海道ブロック
設置年 1994年2002年2017年区割変更)
選出議員 解散につき欠員
有権者数 285,253人
1.233 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

北海道第10区(ほっかいどうだい10く)は、日本衆議院総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2017年の小選挙区区割り改定により、振興局の管轄に合わせて見直しが行われ、幌加内町は6区へ、幌延町は12区へそれぞれ移行された。

2002年から2017年までの区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

2002年平成14年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]旧7区の区域より、留萌市と現在の留萌振興局管内が本区に合区された。

  • 夕張市
  • 岩見沢市
  • 留萌市
  • 美唄市
  • 芦別市
  • 赤平市
  • 三笠市
  • 滝川市
  • 砂川市
  • 歌志内市
  • 深川市
  • 空知支庁管内
  • 留萌支庁管内

2002年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[5]

  • 夕張市
  • 岩見沢市
  • 美唄市
  • 芦別市
  • 赤平市
  • 三笠市
  • 滝川市
  • 砂川市
  • 歌志内市
  • 深川市
  • 空知支庁管内

歴史[編集]

1996年小選挙区制が施行されて以来、元民社党副委員長の小平忠を父に持つ民主党小平忠正2009年第45回衆院選まで5回連続で当選し続け、北海道における民主王国の一翼を担ってきた。

2012年第46回衆院選自民党道連は当初、岩見沢市長の渡辺孝一を小平の対抗馬として出馬させる予定だったが、前回の衆院選で比例代表北海道ブロックから選出された公明党北海道本部代表の稲津久も出馬の意向を表明したため、自民党は候補擁立を見送る方針を決定。これに反発した渡辺は一時無所属での出馬を検討したが、党本部での調整により、北海道10区には稲津が出馬し、渡辺は比例代表北海道ブロック単独1位での優遇が決定した。

この選挙当時、小平は現職の国家公安委員長であったが、全国的な民主党への逆風を受け、比例代表北海道ブロックでの復活当選もならずに落選した。また、稲津の当選によって、公明党は北海道の小選挙区で史上初の議席獲得を果たした[6]

2014年第47回衆院選では、小平は引退し、稲津が再び大差で当選した。

2017年第48回衆院選では、前回の衆院選で小平から後継指名された元小平秘書の神谷裕共産党と連携した立憲民主党から出馬したことに反発した小平が「共産党と連携した立憲民主党には政権を任せられない」として稲津への支持を表明した[7]。結果は稲津が僅か513票差で神谷を下し、神谷は比例代表北海道ブロックで復活当選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 小平忠正 民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 稲津久 公明党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年)

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 北海道第10区

時の内閣:岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 北海道第10区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:30万5976人 最終投票率:65.16%(前回比:+6.31%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
稲津久59公明党9万6795票
50.13%
――自由民主党新党大地
比当神谷裕49立憲民主党9万6282票
49.87%
99.47%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 北海道第10区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:31万7990人 最終投票率:58.85%(前回比:-5.83%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
稲津久56公明党8万6722票
48.52%
――自由民主党
神谷裕46民主党7万1219票
39.84%
82.12%
木村賢治63日本共産党2万803票
11.64%
23.99%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 北海道第10区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:64.68% (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
稲津久54公明党8万7930票
43.09%
――自由民主党
小平忠正70民主党6万2998票
30.87%
71.65%国民新党
浅野貴博34新党大地3万9818票
19.51%
45.28%日本未来の党
木村賢治61日本共産党1万3320票
6.53%
15.15%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 北海道第10区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小平忠正67民主党15万9473票
62.57%
――
飯島夕雁45自由民主党8万9287票
35.03%
55.99%
大林誠36幸福実現党6114票
2.40%
3.83%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 北海道第10区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:{{{有権者}}}人 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小平忠正63民主党10万9422票
40.87%
――
山下貴史52無所属7万8604票
29.36%
71.84%×
比当飯島夕雁41自由民主党6万2100票
23.19%
56.75%
谷建夫62日本共産党1万7617票
6.58%
16.10%
  • 山下は2007年に深川市長選挙に出馬し、当選。
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 北海道第10区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小平忠正61民主党12万1516票
49.29%
――
比当山下貴史51自由民主党10万6560票
43.22%
87.69%
谷建夫60日本共産党1万8456票
7.49%
15.19%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 北海道第10区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小平忠正58民主党10万6221票
48.22%
――
山下貴史47自由民主党8万7196票
39.58%
82.09%
田中弓夫56日本共産党2万6875票
12.20%
25.30%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 北海道第10区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日
当日有権者数:{{{有権者}}}人 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小平忠正54民主党10万489票
49.81%
――
渡辺省一66自由民主党7万2641票
36.01%
72.29%
藤崎勲64日本共産党2万8609票
14.18%
28.47%

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第193回国会 制定法律の一覧 >衆議院議員選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第五十八号(平二九・六・一六)”. 衆議院 (平成29-06-16). 2021年9月30日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 北海道”. 総務省. 2021年9月30日閲覧。
  3. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年9月30日閲覧。地名は2013年(平成25年)当時のものである。
  4. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第154回国会 制定法律の一覧 >公職選挙法の一部を改正する法律 法律第九十五号(平一四・七・三一)”. 衆議院 (平成14-07-31). 2021年9月30日閲覧。地名は2002年(平成14年)当時のものである。
  5. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年9月30日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。
  6. ^ 公明党はそれまで、比例代表北海道ブロックで1議席を保有していたが、この選挙以降は選挙区と比例代表でそれぞれ1議席ずつ保有する形となった。
  7. ^ 稲津久公式Twitter

関連項目[編集]