佐々木隆博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐々木 隆博
ささき たかひろ
Takahiro Sasaki cropped 1 Takahiro Sasaki 201210.jpg
農林水産副大臣就任に際して
公表された肖像写真
生年月日 (1949-03-10) 1949年3月10日(68歳)
出生地 日本の旗 北海道士別市
出身校 北海道士別高等学校
前職 北海道農民連盟青年部書記長
現職 立憲民主党副代表
立憲民主党組織委員長
所属政党 日本社会党→)
社会民主党→)
民主党→)
民進党菅G赤松G)→)
立憲民主党
公式サイト ささき隆博 公式ホームページ

選挙区 北海道6区
当選回数 4回
在任期間 2005年 - 2012年
2014年 - 現職

選挙区 士別市選挙区
当選回数 5回
在任期間 1987年 - 2005年
テンプレートを表示

佐々木 隆博(ささき たかひろ、1949年3月10日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(4期)。立憲民主党副代表兼総務委員長。

北海道議会議員(5期)、北海道農民連盟青年部委員長、農林水産副大臣、民主党北海道総支部連合会代表、民進党北海道総支部連合会代表などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

北海道士別市農家に生まれる[1]北海道士別高等学校卒業後、農業を営む傍ら1971年から農民運動に参画し、1987年には北海道農民連盟青年部書記長に就任。なお、政治家となってからも、1988年から1990年にかけて北海道農民連盟青年部執行委員長を務めた。

北海道議会[編集]

1987年4月、北海道議会議員選挙に士別市選挙区から出馬し、初当選。道議時代は日本社会党に所属していた[2]。以後、5期18年にわたり北海道議会議員を務め、1996年社会民主党の結党に参加したが、直後に離党し、旧民主党に合流。

衆議院[編集]

2005年、政界を引退する佐々木秀典(同姓だが縁戚関係はなし)から後継指名を受け、北海道議会議員を辞職し、第44回衆議院議員総選挙民主党公認で北海道6区から出馬。自由民主党前職の金田英行を破り、初当選した。衆議院議員選挙当選後の2005年10月10日、自陣営の運動員である労働組合職員が公職選挙法違反の疑いで逮捕された。この運動員は未成年に選挙活動をさせ、報酬を支払ったとされる。

2009年第45回衆議院議員総選挙で自民党前職の今津寛(前回は比例北海道ブロック単独で当選)を破り、再選。選挙後に発足した鳩山由紀夫内閣農林水産大臣政務官に任命され、菅内閣まで務めた。

2012年野田第2次改造内閣農林水産副大臣に任命される。野田第3次改造内閣でも留任したが、同年の第46回衆議院議員総選挙で今津に敗れ、比例復活ならず落選した。落選後の2013年第23回参議院議員通常選挙比例区から出馬するが、24,329票の得票にとどまり、民主党の立候補者20人中19位で落選する。

2014年第47回衆議院議員総選挙で前回敗れた今津を2,847票差で破って当選し、国政に復帰した(今津は比例復活)。

2015年民主党代表選挙長妻昭の推薦人に名を連ねる[3]が、長妻は1回目の投票で最下位に終わった(当選者は岡田克也[4]

2016年民進党代表選挙蓮舫の推薦人となり、蓮舫の当選後、民進党組織委員長に就任した。

2017年民進党代表選挙菅直人有田芳生らとともに枝野幸男の推薦人となった[5]10月6日、立憲民主党副代表の就任が決まる[6]。同年の第48回衆議院議員総選挙立憲民主党の副代表として比例重複を断念し、今津との競り合いを制し、再選した[要出典]10月26日、執行役員会で総務委員長の兼務が決まる[7]

主張[編集]

活動[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

公職
先代:
筒井信隆岩本司
日本の旗 農林水産副大臣
岩本司と共同
吉田公一と共同

2012年
次代:
加治屋義人江藤拓
先代:
野村哲郎江藤拓
日本の旗 農林水産大臣政務官
舟山康江と共同

2009年 - 2010年
次代:
松木謙公田名部匡代